LaTeX
Markdown
Pandoc

プログラマの文書作成術:Markdown, LaTeXなどの文書からWord文書を生成する

More than 3 years have passed since last update.

ドキュメント変換ツールPandocを用いてMarkdownやLaTeX文書などからWord文書を作成する方法を紹介します。
以下の手順はターミナル(コマンドプロンプト)の操作ができることを前提とします。

PandocはMarkdown, LaTeXの他にもreStructuredText, HTMLなども入力できます。
詳細は Pandocユーザーズガイド日本語版 をご覧ください。

1. Pandocをインストールする

Windows/Macの場合は以下からインストーラをダウンロードできます:

Linuxの場合は、Debian/Ubuntuの場合は下記でインストールできるようです(ただしバージョンが古いです):

sudo apt-get install pandoc

その他の場合は、Haskell Platformに含まれるcabalというパッケージマネージャを使ってインストールできます。詳細は下記をご覧ください:

2. テンプレートを用意する

PandocにおけるWord文書用デフォルトテンプレートはヘッダに色が付いていて使いにくいので、テンプレートを変えます。

本来は自分でテンプレートを作る必要がありますが、3分クッキングよろしく予め用意したテンプレートを使いましょう。
(このテンプレートは、デフォルトテンプレートのヘッダの色を黒にしただけのものです。)

下記からテンプレートreference_simple.docxを直接ダウンロードできるので、保存します(以下、~/Downloadsフォルダに入れたとします)。

これを、

  • Mac/Linuxの場合は~/.pandoc
  • Windows7/8の場合はC:\Users\USERNAME\AppData\Roaming\pandoc

入れ、reference.docxにリネームする必要があります。以下、Macの場合を例にしてコマンドを示します。

mkdir ~/.pandoc  # まだ作っていない場合
mv ~/Downloads/reference_simple.docx ~/.pandoc/reference.docx

以上で、準備が整いました。

14.04.27 追記

自分で作成する場合は、

  1. 下記のコマンドを実行してreference.docxを取得する

    pandoc --print-default-data-file reference.docx > reference.docx
    
  2. Word上でreference.docxを編集する

という手順でreference.docxを得ます。

3. Markdown/LaTeX文書を作成する

お好きなMarkdown/LaTeX文書を作成します。

ここでは、例として、Pandocユーザーズガイド日本語版の元となっているMarkdown文書をダウンロードします。

curl -O https://github.com/sky-y/pandoc/raw/master/doc-jp/README-JP.md

ついでに、後の例のためにLaTeX文書をここで生成しておきます(注意:-sオプションを付けないと、完全なLaTeX文書が生成されません)。

pandoc -s README-JP.md -o README-JP.tex

4. Markdown/LaTeX文書を変換する

いよいよ、Pandocを用いて文書を変換します。

Markdownの場合

pandoc README-JP.md -o README-JP.docx

LaTeXの場合

pandoc README-JP.tex -o README-JP.docx

以上です。簡単ですね。

仕上がりを画像で示します。

Screenshot_word.png

なかなか良い仕上がりですね。日本語も正しく変換されているようです。

まとめ

Pandocを使ってMarkdownやLaTeXなどの文書をWord文書に変換する方法を見てきました。
他にPandocで何ができるかを知りたいは、以下のリンクを参照してみてください。