Posted at

Google Cloud Storage試行「オブジェクトの一般公開」


前提


  • GCP環境は保持済み。


実践


01.バケットを作る

01.png


02.名前などは適当

02.png


03.バケットの下にフォルダーを切って

03.png

04.png


04.できたフォルダー内に入って

05.png


05.適当なファイル「ocean.png」をアップロード

06.png


06.できたファイルのリンクを押すと

07.png


07.以下のようなURLでファイルが参照できる

https://25e9e6〜〜〜〜b9dchc3b〜〜〜〜0c9b791uui-apidata.googleusercontent.com/download/storage/v1/b/xxx-tutorial-bucket-01/o/xxx-folder-01%2Focean.jpg?qk=G89MEtE6Cf1Ieo〜〜

でも、これは、あくまで認証済みの自分しか見えないもの(のはず)。

08.png


08.なので、一般公開してみる

09.png

10.png

11.png


09.公開リンクが表示されているので押下

12.png

https://storage.googleapis.com/xxx-tutorial-bucket-01/xxx-folder-01/ocean.jpg

13.png

↑のリンクはスマホなどで見ても、表示される。


10.今度は一般公開設定の解除

14.png

15.png

16.png


11.(★1時間ほど経過してから★)先程の公開アドレスにアクセスすると

https://storage.googleapis.com/xxx-tutorial-bucket-01/xxx-folder-01/ocean.jpg

17.png

ちなみに、一般公開前のオブジェクトアップロード直後に表示した以下のアドレスにアクセスすると

18.png

このようになった。