Help us understand the problem. What is going on with this article?

IoTを活用して、ただいまと言ったらおかえりが返ってくる仕組みを作る

はじめに

一人暮らしをしている人でもIoTを用いて
「ただいま」と言えば、「おかえり」が返ってくる仕組みが作れます。
今回はAmazon echoを活用しました。
ノンコーティングで誰でも簡単に導入できます。

準備するもの

Amazon echo
IFTTT
LINE Notify API

フロー図

Alexaに話しかけると、IFTTTとLINE Notify APIを通じてLINEメッセージが届く。
スクリーンショット 2019-06-25 22.53.49.png

実演

「アレクサ、ただいま トリガー」と発言するとLINEメッセージで「おかえり」が返ってきます。


設定方法

事前準備として、IFTTTとLINE Notify APIをつなげておきます。
LINE Notify API

IFTTTはこちら ※IFTTTの登録方法などは省きます。
IFTTT

①まずはIFTTTで「New Applet」を開き、「this」を選択する
スクリーンショット 2019-06-25 23.56.02.png

②次にChoose a serviceから「Amazon Alexa」を見つけて選択する
スクリーンショット 2019-06-25 23.58.21.png

③Choose triggerから「Say a specific phrase」を選択する
スクリーンショット 2019-06-25 23.59.09.png

④トリガーにしたいフレーズを入力し、「Create trigger」を選択する
スクリーンショット 2019-06-26 0.00.17.png

⑤次に「that」を選択する
スクリーンショット 2019-06-26 0.02.57.png

⑥Choose action serviceで「LINE」を選択する
スクリーンショット 2019-06-26 0.03.29.png

⑦Choose actionで「Send message」を選択する
スクリーンショット 2019-06-26 0.04.16.png

⑧Complete action fieldsでRecipientを「1:1でLINE Notifyから通知を受け取る」を選択し、
 Messageに送ってほしいメッセージを入れる。今回は「おかえり」。
 これでCreate actionを選択すれば完成。
スクリーンショット 2019-06-26 0.10.07.png

以上です。簡単!

まとめ

今回は「ただいま」「おかえり」のやり取りをする仕組みを使ったが、
日本語を変えるだけでいろいろ表現できると思う。

ご家庭がある方は会社から帰る時に、今から帰りまーすみたいな使い方もできそう。

これは簡易的なAlexaスキルみたいなイメージ。
本格的なものを作りたいなら、スキル開発になるかと。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away