Edited at
ScalaDay 21

1年間ScalaAndroidをやってみて

More than 3 years have passed since last update.

まず、年賀状プロジェクトの関係で時間が想像以上に割けず現時点で記事がheader level 2以下を書けなかったことを謝罪します!!!

header level 2以下の内容は年明けに更新します。


共通ライブラリのSNAPSHOTを更新してpublishLocalすると依存しているプロジェクトの実行前にproguardが走る


ProguardがScalaのコンパイルより遅い


というかdexも遅い


AndroidのCPUが遅くJSONのパースが遅い


Dispatch rebootはhttpsでどうしようもないエラーが出る


AndroidのAPIがUnitしか返さない


ContextとLifecycleがやばい


素直にvarを使う


android-sdk-pluginのproguardCacheが難解


apklibはAndroidStudioで読めない


android-sdk-pluginでCrashlyticsの導入が面倒くさい


lazy val view = Fragment#getView().findView(TR.view_id)でクラッシュ


Scalaのマクロが遅すぎてAndroidStudioのindexが終わらない


android-sdk-pluginのmultidexでproguardが不要になりrunタスクの時間短縮に繋がる可能性有り


android-sdk-plugin感謝


play-json感謝


play-json-twenty-three感謝