Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS CLIでAMIリージョン間コピーを行うコマンド

AWS CLIの初期設定は終わっているものとします。

EC2:インスタンスID確認コマンド

まずはAMIを作成するEC2インスタンスを確認。

タグ:Name、値がMyInstanceのインスタンスの情報を取得する場合

aws ec2 describe-instances --filters "Name=tag:Name,Values=MyInstance"

インスタンスIDを指定して取得する場合

aws ec2 describe-instances --instance-ids {instance-id}

AMI作成コマンド

aws ec2 create-image --instance-id {instanceID} --name {ami-name} --description {description} --reboot

{ami-name}は任意のAMI名。
AMI作成時はデータの整合性を保証するために再起動を行うのがデフォルトの動きになっている。--no-rebootを指定すると再起動しないが、データの整合性は保証されない。
コマンド実行すると新しいAMIのIDが返ってくる。

AMIにタグを作る

aws ec2 create-tags --resources {ami-id} --tags Key={key-name},Value={key-value}

AMIリージョン間コピー

aws ec2 copy-image --source-image-id {ami-id} --source-region {source-region-name} --region {region-name} --name {ami-name}

コマンドを実行すると新しいAMIのIDが返ってくる。

AMI一覧確認コマンド

自分で作成したAMIの一覧

aws ec2 describe-images --owners self

AMI削除コマンド

aws ec2 deregister-image --image-id {ami-id}

補足

別リージョンのAMIを操作する場合はコマンドに--region {RegionName} を付加しないとエラーとなる(指定しない場合aws configureで設定したデフォルトリージョンとなるため)。

simpline
AWSを強みとしたインフラエンジニアリング/IaaSコスト削減サービスを提供しているSIer
https://www.simpline.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした