[AWS] Amazon S3 Transfer Acceleration 速度比較ツール 結果

More than 3 years have passed since last update.

Amazon S3 に新しく、Transfer Acceleration という機能が追加されました。

これは、CloudFrontのエッジロケーションを利用することでオリジンのリージョンと別のエンドポイントを払い出し、アップロードのスループットを向上させる機能ということです。

バケット単位で有効化が可能で、マネジメントコンソール上からも操作可能です。

スクリーンショット 2016-04-21 0.14.39.png

ここで、"リージョンごとのスピードを比較しますか。"のリンクに飛ぶと、Transfer Acceleration 速度比較ツール により各リージョンの S3 に対し、 Transfer Acceleration を有効にした場合の効果がシミュレートできます。

スクリーンショット 2016-04-21 0.03.53.png

私の環境でテストした結果以下のようになりました。

リージョン
効果

バージニア北部
+17%

北カリフォルニア
+7%

オレゴン
-2%

アイルランド
+57%

フランクフルト
+80%

東京
+3%

ソウル
-1%

シンガポール
0%

シドニー
+15%

サンパウロ
+69%

距離の近い東京、ソウル、シンガポールはともかく、北米3リージョンがイマイチな効果となっている気がします。フランクフルトやサンパウロは高い効果が出るという結果です。

あくまでテストツールの結果なので、これから実測して効果を試したいと思います。

なお、Acceleration を有効化したエンドポイントへは、アップロードも課金対象となりますのでご注意ください。