PHP

php-master-changes 2019-02-08

この日はドキュメントの修正、ZEND_OVERLOADED_FUNCTION の削除、エンジンのコードの単純化、curl バージョンアップに伴うテスト期待出力の修正、FTPS を passive で使う際に見るチャンネルを間違っていた問題の修正、SplHeap::compare() の arginfo でのシグネチャ修正、fsockopen() のメモリ解放処理の修正、内部向け API として ZEND_TRY_ASSIGN_BOOL() の追加、trait 由来のプロパティの型名について参照カウントの扱いが誤っていた問題の修正、型付プロパティの後置インクリメントが例外を投げる際にメモリの二重解放が起きてしまう問題の修正、openssl_encrypt()、openssl_decrypt() の処理内で使う出力用バッファの解放処理が誤っていた問題の修正があった!


2019-02-08


petk: [ci skip] Update changelog


dstogov: Remove ZEND_OVERLOADED_FUNCTION and corresponding call_method object handler


dstogov: Simplify checks


petk: [ci skip] Move OPcache configure option changes


weltling: Sync test for libcurl 7.64.0


weltling: Sync test with changes in libcurl 7.64.0


tsoftware-org: Fix FTPS passive mode of data channel event poll


morrisonlevi: Fix SplHeap::compare arginfo and tests


nikic: Fix invalid free


nikic: Add ZEND_TRY_ASSIGN_BOOL API


nikic: Fix refcounting of prop types coming from traits


nikic: Fix double free if post inc of typed property throws


nikic: Fix incorrect outbuf freeing