php-master-changes 2019-07-08

今日は exif の修正、argon2i(d) のパスワードハッシュを必要な場合 sodium から使うようにする修正、ビルドシステムのリファクタリング、ZEND_ASSIGN_DIM_OP の記述修正、com_dotnet の TsHashTable 関連の race 修正、INPUT_SESSION と INPUT_REQUEST の削除、libmagic のパッチ更新、_JIT のデバッグ用ディスアセンブラが FreeBSD / NetBSD で PHP バイナリの ELF シンボルを読む際の処理修正、base_convert() 等の基数変換関数へ無効な文字列を渡した際に deprecation notice を吐くようにする修正、スローパスで EG(exception) のチェックを遅延させるようにする修正、Mac 用のテスト修正、ドキュメントの更新、ReflectionReference::getRefcount() を実装する修正があった!


2019-07-08


smalyshev: Simplify expression and remove the possibility of div by 0


sgolemon: Provide argon2i(d) password hashing from sodium when needed


petk: Remove some unused variables


dstogov: Fixed opcode description


  • https://github.com/php/php-src/commit/1305d9c0d26c167c4cb0abcd78a5c804ad96a292

  • [7.4~]

  • ZEND_ASSIGN_DIM_OP の OP2 のタイプを修正

  • UNUSED のオペランドを何らかの形で利用する際の区別に THIS とか NEXT とか CLASS_FETCH とかを雰囲気で付けてるように見える、が、どんな時にどれ使うのかがイマイチ分からず(CLASS_FETCH は op.num をクラスフェッチで使うんだなというのは見てて分かる)

  • たぶん zend_hash_next_index_insert() につながる配列への auto_increment 使った要素追加とかそういう系に使われることの記述なのかな、という気はしている


petk: Simplify PHP_CHECK_PDO_INCLUDES calls


cmb69: Fix TsHashTable related race conditions


cmb69: Implement FR #77230: Support custom CFLAGS and LDFLAGS from environment


nikic: Remove INPUT_SESSION and INPUT_REQUEST


petk: Update libmagic patch


devnexen: JIT: Reading php binary symbols list on FreeBSD


petk: Remove C89 checks for signal.h and strerror


exussum12: Deprecate passing invalid character to base_convert etc


nikic: Remove redundant variable declaration


dstogov: Delay EG(exception) check on slow path


nikic: Make busy wait busier


petk: Refactor genif.sh


petk: Remove APACHE symbol


petk: Catch up with recent changes [ci skip]


nikic: Add ReflectionReference::getRefcount()