Help us understand the problem. What is going on with this article?

AdafruitのMQTTブローカーを使う

俺たちのAdafruit

Adafruit(エイダフルート)は安い部品の通販サイトとしてよく見かけます。
社長がピンクの髪の女の人だというのをさっきググって知りました。
MQTTブローカーも提供しており、貧乏人のために無料枠もあります。
ありがてぇ。

やりたいこと

AdafruitのMQTTブローカーにユーザー登録して、パブリッシュするTopicを登録する。

手順

公式の説明を見ながら進めました。

入力例)
Name:SitoppDevなど、任意の名前
Description:開発用など、任意の説明

  • Feeds → View All → Actions → Create a new feed

入力例)
Name:M5vDev
Description:開発用

  • Feeds → Actions → Create a New Feed

  • NameとDescriptionを自由に入力

例)
Name:onoff
Description: 開発用です

  • ヘッダの「Feeds」 → View All → onoff → Feed Info

MQTTのTopicが自動生成されて、「MQTT by Key」のところに表示されている。

これで完成。

MQTTサーバー情報

https://io.adafruit.com/api/docs/mqtt.html#mqtt-connection-details

Host io.adafruit.com
Secure (SSL) Port 8883
Insecure Port 1883
**MQTT over Websocket 443
Username Your Adafruit IO Username
Password Your Adafruit IO Key

なお、passwordは、ダッシュボードにログインするときのパスワードではなく、32桁のハッシュです。
私はまんまと間違えました。。passwordの調べ方は以下を参照ください。

username/passwordの調べ方

ダッシュボードの右肩にある「AIO Key」をクリックすると、Username/passwordが閲覧できます。

おまけ

以前からIFTTTでAdafruitが使える事には薄々気づいていたのですが、Thatに指定する場合がまさにMQTTでした。
Thisに指定したレシピの方が多いみたいですが。

以上です〜

sitopp
アーセナルファンです。お友達になってください。
iotlt
IoT縛りの勉強会です。 毎月イベントを実施しているので是非遊びに来てください! 登壇者を中心にQiitaでも情報発信していきます。 https://iotlt.connpass.com
https://iotlt.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした