すいません、

12/3のはずが、だいぶ遅れてしまいました。

今日は12/12です。(^o^) アハー

IFTTTの音声アシスタント対応状況 2018(前編)の続きとなります!!(^o^)


Google Assistant

IF

+ this ← ここに対応しています。

then

+ that

使えるトリガーは4種類です。

これは去年の12月と変わりません。


  1. 特定のフレーズを話しかけられたら起動、その中からキーワードを抜き出して、Thatに渡す 

  2. 特定のキーワードを話しかけたら起動

  3. 任意のフレーズを話しかけられたら起動、その中から数字とキーワードを抜き出して、thatに渡す

  4. 任意のフレーズを話しかけられたら起動、その中から数字を抜き出して、thatに渡す

Google Assistantのトリガーの特徴は、日本語に対応している、ということです。

また、1と3と4は、話しかけた言葉の中から数字やフレーズを抜き出すという機能であり、ここがAlexaのトリガーとは異なる点です。

「OKグーグル、俺は変身をあと2回も残している、その意味がわかるな?」

と話しかけると、「変身」と「2」を抽出することができます。便利ですね、フリーザ様!(^o^)


作る上での注意事項

Thatの部分との連結がうまくいかないときに、google アシスタントは「すみません、わかりません」と返答してしまいます。

聞き取れていない時と同じメッセージなので、切り分けができず、

この記事を書く前に、これにひっかかって、

日本語聞き取り能力落ちちゃったのかなぁと勝手に思ってました。

Google様、

IFTTTの戻り値がおかしかったら、「IFTTTのthatへの接続に問題があるようです」のよーに応答してもらえるとたすかるます(^o^)。


トリガーごと利用例


特定のキーワードを話しかけたら起動する例

アプレット:Google Homeに「iphoneを探して」と言うとVoIPで鳴らす

説明:自分が作ったアプレットです。

Google Homeに「スマホを探して」というと、連携しているAndroidのスマホは

鳴らすことができるのですが、iPhoneはできません。

そこでこれを作りました。

IFTTTアプリにVoIPで着信しますので、電話番号の登録は不要です。

使う際の注意事項としては、iPhoneをサイレントモードにしてると鳴らないので、解除しとく必要があります。

電話に出ると、定型文を読み上げてくれます。電話にでても、電話代はかかりません。

これは何気に便利です。


特定のフレーズを話しかけられたら起動、その中から数字を抜き出して、Thatに渡す例

Google HomeでGoogleスプレッドシートに体重を記録

説明:自分が去年作ったアプレットです。

久しぶりに使ったら、まだちゃんと動いてました。

また、去年はGoogleスプレッドシートのバグで、IFTTTから送っている日時が記入されなかったので、

スプレッドシート側にスクリプトを書いて自動化してたのですが、そのバグは直っておりました。

フォーマットはアメリカっぽいものの、書き込み自体はされてたので、まぁいいでしょう。


特定のフレーズを話しかけられたら起動、その中からキーワードを抜き出して、Thatに渡す例

"OK Google、Slackに $", と言うと、$の部分を投稿する

説明:さっき作った、$の部分を抽出して、Slackに投稿するアプレットです。

「ON」にする時に、Slackのワークスペースとチャンネルを聞きますので、書き込みしたいチャンネルを指定してください。

使う時は、「OKグーグル、Slackに、LGTM」のように言うと、Slackに投稿してくれます。

短い発話しか認識しないようです。


  • LGTM ○

  • おやすみなさい ○

  • 体重はかった? x

長すぎた場合、Google Homeは「すみません、よくわかりません」と応答します。

Slackへの投稿結果:

画像を入れる例

Titleと画像を入れる例

上を見てお判りのように、「LGTM」は大文字のつもりで言ってても、Google Assistant - IFTTTを通すと、小文字になってしまいます。

意味は伝わらなくもないけど、なんかちょっと残念です。

もしLGTMだけに限るなら、「特定のキーワードを話しかけたら起動」の

トリガーを使って、固定文字列をPOSTするようにすると良いでしょう。


特定のフレーズを話しかけられたら起動、その中からキーワードを抜き出して、Thatに渡す例

最初に述べたフリーザ様の例です。

実際に、以下のように作ったら無事動きました。

一般公開はしてないので、Configureのスクショを貼ります。


:-:

便利なんですが、何に使ったらいいかな。。?

使い所が難しいゆえ、おいおい考えることにします。


スマホからでも使える!

Google Assistantは、Google Homeだけでなく、Androidのスマホからも使えます。そのため、

Google Assistantを使ったIFTTTのアプレットも、Androidのスマホから使えます。

:-:

結果出力は、全く同じです。

なお、Androidのスマホに、

最近発売された「Google Pixel USB-C™ イヤフォン」を繋ぐと、Googleアシスタントアプリの起動をする際、

「OK グーグル」と呼びかけなくてもできます。

https://store.google.com/jp/product/usb_c_earbuds

イヤホンの右側の線にくっついているコントローラーの黒いボタンを長押しすれば良いのです。

外で歩いてる時とかに、「OKグーグル」って言うのはちょっと恥ずかしいので、このイヤホンは助かります。

自分は、Pixel3は買いませんでしたが、このイヤホンだけ買って、USB-CのAndroidスマホにさしてつかってます。

有線のイヤホンのコントローラーのボタンを長押しでアシスタントを立ち上げるところは、

めっちゃSiriに似ていますね。


感想

GoogleさんはGoogle Assistantにかなり注力していて、ご家庭用と同時に、携帯電話での普及を進めているようです。

その一貫で、なんとフィーチャーフォンが主流の国向けに、ガラケーにもGoogleアシスタントを組み込み始めました。


  • Google Home

  • Androidスマートフォン


  • KaiOSのフィーチャーホンでも、一部に組み込まれ始めた (Nokia、Jio Phone、WizPhone)

KaiOSのフィーチャーホンについては、ロボスタさんの大変わかりやすい記事を引用させていただきます!

Nokia

https://robotstart.info/2018/02/27/nokia-8110-4g-with-google-assistant.html

Jio Phone インド

https://robotstart.info/2017/12/06/reliance-jio-phone-with-google-assistant.html

WizPhone インドネシア

https://robotstart.info/2018/12/10/google-for-indonesia-wizphone-with-google-assistant.html

携帯電話で普通に使われるようになると、

家族の共有空間に置いてあるスマートスピーカーと使い方は全くことなり、

個人個人のアシスタントとして、利用頻度は上がるでしょう。

また、電話への組み込みが進むと、もはや電話会社の回線をつかって他人と話すのではなく

GoogleのAIと話すようになるのかも。

そこまでは急にいかないで欲しいと切に願います。

とりあえず歩きスマホを撲滅するために、Google アシスタントや、

iPhoneのSiriを使ってても恥ずかしくない風潮になってほしいです。

私はあまり周りの目をきにしない方ですが、家の外でSiriやGoogleアシスタントと会話するときは、

なんとなく、有線のイヤホンのコントローラー部分を口の前に当てて、「あたかも電話してるテイ」で話してしまいます。

できるだけ優雅に、山口百恵が美・サイレントを歌う時のマイクの持ち方を意識しております。

今日はこれくらいで。

次は後編で、IFTTT-Clova連携について書こうと思います。