search
LoginSignup
689
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

node.jsのversionを管理するためにnodebrewを利用する

このTopicはWeb ApplicationのfrontendのProjectを管理するTopicの1つ目です。

  1. node.jsのversionを管理するためにnodebrewを利用する
  2. npmでnode.jsのpackageを管理する
  3. grunt.jsを使って、frontendのビルドを行う

nodebrewとは?

nodebrewは、node.jsを自分のマシン内でversion管理するためのtoolです。
最近は、Front側の開発環境として、node.jsを使うのが普通になってきました。
npm使うだけでも、node.js必要なのでWebの開発者のマシンにはほぼnode.jsが入っている感じです。

ただ、Projectごとにnode.jsのversionが違ったりすると、いちいち入れなおすのは面倒です。
そこを解決してくれるのが、nodebrewです!

nodebrewインストール前の確認

まず、nodebrewを入れる前に、既にnode.jsがインストールされている場合削除します。
node.jsが入っているかどうかはnodeが反応するかどうかを見れば良いですね。

command
$ node

これで反応が無ければOKです。
反応があった場合は、node.jsがinstallされているので、削除しましょう。
ただ、すんなり削除できるものは用意されていません。
Githubにnode.jsをuninstallするためのshを作ってくれている人がいますので、使わせてもらいましょう。
後、そのshが削除してくれないdirも削除します。

command
$ curl -o uninstall-node.sh https://gist.githubusercontent.com/nicerobot/2697848/raw/uninstall-node.sh
$ chmod u+x uninstall-node.sh 
$ ./uninstall-node.sh 
$ rm uninstall-node.sh
$ sudo rm -rf /usr/local/include/node
$ sudo rm -rf /usr/local/lib/dtrace
$ rm -rf ~/.node-gyp
$ rm -rf ~/.npm
$ rm -rf ~/.sourcemint 

これでnode.jsが削除されました。

nodebrewをインストールする

インストールするのは、簡単です。
ほとんど、公式のINSTALLの通りです。

command
$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
...
========================================
Add path:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

nodebrewは~/.nodebrewにインストールされます。
そこにpathを通してねと出てくるので、追加しましょう。

僕は~/.bash_profileを使っているので、そこに追加しました。
後は.bash_profileを読みなおして、nodebrew commandが動けばインストールは完了です。

command
$ source ~/.bash_profile
$ nodebrew help

node.jsをインストール

nodebrewがインストールできたので、早速node.jsをインストールしましょう。
まずはインストールできるnode.jsのversionを確認します。

command
$ nodebrew ls-remote

ずら〜っとversionが出てきます。
現時点でのStableになっている最新のversionはv0.10.12なので、それをインストールしましょう

command
$ nodebrew install-binary v0.10.12

インストールはすぐに終わります。
インストールされているversionの一覧もcommandで確認できます。

command
$ nodebrew ls

nodebrew ls
v0.10.12

current: none

currentに出てくるのが、現在利用中のversionです。
まだ、v0.10.12をインストールしただけで利用するように設定してないので、noneになっています。
後は、使いたいバージョンをcurrentにすれば、完了です。

command
$ nodebrew use v0.10.12
$ node -v
v0.10.12

簡単、便利ですね!

migrate-packageでグローバルなモジュールを移行する

command
$ nodebrew migrate-package v0.10.11

migrate-packageはnpm install -gでグローバル環境にインストールされているモジュールを、カレントバージョンにも適用してくれるものです。
上記ではv0.10.11でグローバルにインストールされているモジュールを、カレントのバージョンにもnpm install -gでインストールしてくれます。

これで、node.js本体以外も簡単に移行出来ますね!

参考にしたサイト

Node.jsをアンインストールする
node.js 入れるなら nodebrew が超簡単
nodebrewでバイナリからインストールできるようにした

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
689
Help us understand the problem. What are the problem?