node.jsのversionを管理するためにnodebrewを利用する

  • 486
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

このTopicはWeb ApplicationのfrontendのProjectを管理するTopicの1つ目です。

  1. node.jsのversionを管理するためにnodebrewを利用する
  2. npmでnode.jsのpackageを管理する
  3. grunt.jsを使って、frontendのビルドを行う

nodebrewとは?

nodebrewは、node.jsを自分のマシン内でversion管理するためのtoolです。
最近は、Front側の開発環境として、node.jsを使うのが普通になってきました。
npm使うだけでも、node.js必要なのでWebの開発者のマシンにはほぼnode.jsが入っている感じです。

ただ、Projectごとにnode.jsのversionが違ったりすると、いちいち入れなおすのは面倒です。
そこを解決してくれるのが、nodebrewです!

nodebrewインストール前の確認

まず、nodebrewを入れる前に、既にnode.jsがインストールされている場合削除します。
node.jsが入っているかどうかはnodeが反応するかどうかを見れば良いですね。

command
$ node

これで反応が無ければOKです。
反応があった場合は、node.jsがinstallされているので、削除しましょう。
ただ、すんなり削除できるものは用意されていません。
Githubにnode.jsをuninstallするためのshを作ってくれている人がいますので、使わせてもらいましょう。
後、そのshが削除してくれないdirも削除します。

command
$ curl -o uninstall-node.sh https://gist.githubusercontent.com/nicerobot/2697848/raw/uninstall-node.sh
$ chmod u+x uninstall-node.sh 
$ ./uninstall-node.sh 
$ rm uninstall-node.sh
$ sudo rm -rf /usr/local/include/node
$ sudo rm -rf /usr/local/lib/dtrace
$ rm -rf ~/.node-gyp
$ rm -rf ~/.npm
$ rm -rf ~/.sourcemint 

これでnode.jsが削除されました。

nodebrewをインストールする

インストールするのは、簡単です。
ほとんど、公式のINSTALLの通りです。

command
$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
...
========================================
Add path:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

nodebrewは~/.nodebrewにインストールされます。
そこにpathを通してねと出てくるので、追加しましょう。

僕は~/.bash_profileを使っているので、そこに追加しました。
後は.bash_profileを読みなおして、nodebrew commandが動けばインストールは完了です。

command
$ source ~/.bash_profile
$ nodebrew help

node.jsをインストール

nodebrewがインストールできたので、早速node.jsをインストールしましょう。
まずはインストールできるnode.jsのversionを確認します。

command
$ nodebrew ls-remote

ずら〜っとversionが出てきます。
現時点でのStableになっている最新のversionはv0.10.12なので、それをインストールしましょう

command
$ nodebrew install-binary v0.10.12

インストールはすぐに終わります。
インストールされているversionの一覧もcommandで確認できます。

command
$ nodebrew ls

nodebrew ls
v0.10.12

current: none

currentに出てくるのが、現在利用中のversionです。
まだ、v0.10.12をインストールしただけで利用するように設定してないので、noneになっています。
後は、使いたいバージョンをcurrentにすれば、完了です。

command
$ nodebrew use v0.10.12
$ node -v
v0.10.12

簡単、便利ですね!

migrate-packageでグローバルなモジュールを移行する

command
$ nodebrew migrate-package v0.10.11

migrate-packageはnpm install -gでグローバル環境にインストールされているモジュールを、カレントバージョンにも適用してくれるものです。
上記ではv0.10.11でグローバルにインストールされているモジュールを、カレントのバージョンにもnpm install -gでインストールしてくれます。

これで、node.js本体以外も簡単に移行出来ますね!

参考にしたサイト

Node.jsをアンインストールする
node.js 入れるなら nodebrew が超簡単
nodebrewでバイナリからインストールできるようにした