Python

Pythonの基礎知識:ファイル書込み編

Pythonで簡単なメモ帳を作って見た

Pythonを数時間触ってみて、簡単なシステムを作るという機会があったので、その時に役に立った知識をメモ程度に書いていきます。

1.ファイルへの書き込み

readWrite.py
fout = open('data.txt', 'w')
fout.write('任意の文字列')
fout.close()

まず、
fout = open('data.txt', 'w')
で、data.txtファイルをw:書き込みモードで開きます。

次にファイルを開いて格納した変数foutに書き込みます。
fout.write('任意の文字列')
fout.に対する関数でwrite(str)で指定されたファイルに書き込みます。

最後に、開いているファイルを閉じます。
fout.close()
close()関数で、開いているfoutを閉じます。

そして、テキストファイルdata.txtを開いてみると、任意の文字列が書き込まれていることがわかると思います。