Help us understand the problem. What is going on with this article?

Bloggerで独自ドメインのブログを作成してみる。

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

Bloggerに自分のブログを作成し、独自ドメインが使えるようにするところまでを記載。

何故、Bloggerか

以下、3点
- 独自ドメインが使える
- 無料
- 自分で入れなければ広告も出ない

何故、Qiitaに投稿しようと思ったか

純粋にBloggerの記事が少なかったから。

いつの情報か

2017年8月31日時点

Bloggerでブログを作成する

  1. Bloggerのトップページにアクセスし「ブログの作成」をクリック
  2. Google Accountへのログインを促されるのでログインする
  3. プロフィールを記入する
    • Google+のプロフィールを使うかどうか選択が必要。Google+のプロフィールは持っていないので、Bloggerプロフィールに名前を入れた。
  4. 「Bloggerへ移動」をクリック
  5. ようこそ画面で「新たにブログを作成」をクリック
  6. タイトルとアドレスを記入
    • アドレスは後ほど独自ドメインに変更するので、適当なものを記入する。
  7. テーマを選択する
    • 後ほど変更可能なので、今回はシンプルを選択した。
  8. 「ブログを作成」をクリック

しばらく待つと完成。「新しい投稿」をクリックし、テストぺージを作成してみる。その後6で記入したアドレスをブラウザで叩くとテストページが表示される。

独自ドメインを利用する

  1. Bloggerの管理コンソール画面で「設定」-「基本」-「公開」セクションで「ブログのサードパーティURLを設定」をクリックする 画面イメージ
  2. 独自ドメインのアドレスを記入する
  3. 画面に表示される2件のCNAMEレコードを管理しているドメインのDNSへ設定する
    • 今回はサブドメインを利用した。
  4. しばらく待つ。
    • この投稿を書く際に試したところでは、朝7時にDNSを更新し9時には反映が完了していた。

2で記入した独自ドメインのアドレスをブラウザで叩くとテストページが表示される。

今後

APIを色々使ってあれこれしてみたい。
独自ドメインでもHTTPSに対応してくれる日を待ちましょう。

shuichiro
社内の研修を企画したり、新しいものを試したりしています。 悩んだことを残していこうと思います。 投稿する記事の内容は個人の意見であり、所属する企業の見解を代表するものではありません。
japan-systems
「2019年に50周年を迎えたIT企業です。最先端の技術により全国の企業、官公庁、自治体に多くの実績があります。」
https://www.japan-systems.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした