Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Git】安全にリモートブランチにPushする

安全にリモートブランチにPushする

これまで恥ずかしながらGitを利用したことがなかったので、備忘録として登録

前提

①存在ブランチ
 master → リリース用ブランチ
 development → 全員が開発ソースをマージするブランチ
 kaihatsu1 → 現在私が使っている開発ブランチ
 kaihatsu2 → 現在他の誰かが使っている開発ブランチ
 ・
 ・

②developmentには、pull requestを利用してマージ

目的

コンフリクトが起こった場合でも、リモートでコンフリクトが発覚するという自体を防ぐ。

手順

①現在の作業ブランチを確認

git branch
※開発ブランチであることを確認

②修正/追加したファイルをコミット対象とする

git add .
※「add .」で修正したファイルを全てコミット対象とする。
※もしも、単数ファイルのみをコミット対象としたい場合は
git add [ファイルパス]
でコミット対象ファイルのみコミット対象とすることが可能

③コミット対象としたファイルをローカルコミット

git commit -m "コミット時のコメント"
※この時点では、リモートブランチにコミットされていません。

④ブランチの切り替え

git checkout development
※最新ソースがアップされている

⑤現在のローカルブランチとリモートブランチの差分を確認する

git fetch

⑥リモートのdevelopmentブランチから最新ソースをローカルブランチに持ってくる

git pull origin development
※最終的に開発者全員がマージするブランチなので、以前pullした状態と異なる可能性がある。

⑦先ほどローカルコミットしたブランチに切り替え

git checkout kaihatsu1(作業ブランチ)

⑧先ほどdevelopmentからpullしてきたソースをkaihatsu1ブランチにマージ

git merge development
※コンフリクトが起こる場合はここで起こる。

⑨コンフリクトが起こっていないか確認

git status
※コンフリクトが起こっている場合は、修正するファイルが表示される。

⑩コンフリクトが起こっていない確認が取れたら、リモートブランチにPushする

git push origin kaihatu1

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away