Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rails開発で有用な便利Gem一覧:2014年版

More than 3 years have passed since last update.

Ruby Advent Calendar 11日目

Ruby - Rails開発で有用な便利Gem一覧:2013年版 - Qiita
↑去年のAdventCalendarで書いた上記の記事の2014年版です。
だんだん毎年恒例的になって来ました。
最近はデファクトスタンダードがほぼ固まってきて、かなり毎回使うGemのリストが固定化して来ました。

※2014/12/11時点

DBアダプタ

この辺りはもう変わらないですね。
RubyやRailsのバージョンが上がっても継続的に開発が続けられているのは素晴らしいと思います。

ログイン認証

(omniauth-githubのリポジトリのURLが変わってました。。)

omniauth-identityは更新が1年以上止まってるようなので、使う際は注意が必要かも知れません。

↓自作Gemもたまにアップデートしています。
shu0115/minimum-omniauth-scaffold

定数/設定値管理

この辺りも継続的に更新はされているようなので、好みで選んでも良いと思います。
自分は毎回rails_configを使ってます。

ページネーター

お馴染み。
これはページネーションをするしないに関わらず、いつでも使えるように毎回デフォルトでインストールしています。

ユーティリティ

これも毎回使ってますね。

これは最近知ったのですが、RubyをJavaScriptに変換するOpalというコンパイラがあるそうです。
まだあまり使えていないので何とも言えませんが、常々フロントエンドもRubyで書きたいと思っていたので、積極的に試してみたいと思います。

デバッグ

最近はN+1問題検出用のbulletも毎回とりあえず入れるようにしています。
includesを付け忘れた時などにログに出力してくれるので助かります。

アプリケーションサーバ

unicornだとワーカー数の調整が面倒だったり、Herokuだとメモリがキツかったりするので、最近は結構pumaを使う事が多いです。

Markdown

自分が趣味で作る個人のWebサービスだとほぼ毎回Markdownを使えるようにしているので、この辺りも使う事が多いです。

参考: Markdown/シンタックスハイライト導入 - redcarpet/coderay - Qiita [キータ]

画像管理

carrierwave+mini_magickの構成で使う事が多いです。

ジョブキュー処理

参考:

Rails4.0から見送られていた、Rails側にデフォルトで入るキューの仕組みが4.2でついに導入されるみたいですね。

Twitter/Facebook API操作

この辺りも継続的に更新されているようです。

エラーハンドリング

参考:Rails で捕捉されない例外が発生したらメールを送る #Ruby #Rails #rack #AdventCalendar - Qiita

管理画面

モバイル


基本的に去年からあまり代わり映えの無いラインナップになりましたが、Rails4へのアップデートも落ち着いて、定番どころがかなり固まってきた印象です。

最近新しく使ってみたGemなどあれば是非教えてください。

以上です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away