Help us understand the problem. What is going on with this article?

Facebook SDK for iOS v3.8 の導入手順

More than 3 years have passed since last update.

iOS 7 で Social.framework や Accounts.framework は ほとんど機能追加されなかった ので、Facebook連携をしっかりやろうとすると、結局 Facebook SDK for iOS を使うことになりそうです。

で、日本語で丁寧に書かれたオフィシャルのスタートガイドがあるのですが、

Getting Started 日本語版 (英語版はこちら

微妙に古い部分があったりして、Change Log や Upgrading Guide にしか書いてないこととかもあったりします。

とくに、Upgrading Guideの方は、公式ドキュメントの iOS トップ からは最新版の一つ前 → 最新版への移行ガイドにしかリンクされておらず(※)、ちょっと前の大きい変更の 3.2 to 3.5 の移行ガイド にけっこう重要な情報が書かれてたりします。

(※ Upgrading Guideのページにいくと、サイドバーに過去のUpgrading Guideへのリンクが現れる。難易度高い。。)

v3.8の導入手順

そんなこんなで、 以下、10/3現在の最新版、v3.8のざっくり導入手順です。

  1. FacebookSDK.framework をプロジェクトに追加する

v3.8現在、FacebookSDKResources.bundleを別途追加する必要はなくなっています。

  1. 依存フレームワークをプロジェクトに追加する

  2. Facebook App ID と URL scheme と FacebookDisplayName を Info.plist に追記する

FacebookDisplayName はダッシュボードの Display Name に合わせる。

  1. application:openURL:sourceApplication:annotation:handleOpenURL:sourceApplication: を呼ぶ

Share Dialogを使う場合など、Facebookアプリに飛んでURL schemeで戻ってくる際に、エラー等をハンドルするのに必要。

- (BOOL)application:(UIApplication *)application
            openURL:(NSURL *)url
  sourceApplication:(NSString *)sourceApplication
         annotation:(id)annotation {

    BOOL wasHandled = [FBAppCall handleOpenURL:url
                             sourceApplication:sourceApplication];

    // add app-specific handling code here
    return wasHandled;
}

参考ページ

shu223
フリーランスiOSエンジニア 著書:『iOS×BLE Core Bluetooth プログラミング』『Metal入門』『実践ARKit』『Depth in Depth』『iOSアプリ開発 達人のレシピ100』他 GitHubの累計スター数24,000超
http://shu223.hatenablog.com/
engineerlife
技術力をベースに人生を謳歌する人たちのコミュニティです。
https://community.camp-fire.jp/projects/view/280040
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした