LoginSignup
3

スプレッドシートで自動で更新日付を入れる方法

Last updated at Posted at 2023-03-28

はじめに

Googleスプレッドシートをタスク管理等で使用していて、自動で更新日付を入れてくれる方法ないかな~と思っていて
プログラミングに無知な方でも簡単に出来る方法がございましたので記事にします。

手順

①まずGoogleスプレッドシートを開きます。(もちろん既存のファイルでもOK)

②メニューの [拡張機能] から [App Script] を選択します。

③以下の画面が開きますので、画面に表示されている「function myFunction() { }」は全て削除します。

AppScript.png

④以下のコードをコピペします。
 「シート名」と「列」と書いてあるところは任意のものに変更してください。
 今回はシート名はシート1、列はCに変更したとします。


function autoUpdateDate()
{
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheetByName('シート名');
  var currentRow = sheet.getActiveCell().getRow();
  var currentCell = sheet.getActiveCell().getValue();
  var updateRange = sheet.getRange("" + currentRow);
  if (currentRow > 1) {
    if (currentCell) {
      updateRange.setValue(new Date());
    }
  }
}

⑤[プロジェクトを保存] を押します。
スクリーンショット 2023-03-28 145822.png

⑥一番左のメニューの目覚まし時計マークの [トリガー] を押し、画面右下の [トリガーを追加] を押します。

⑦[イベントの種類を選択]で 「編集時」を選択し、保存を押します。
イベントの種類を選択.png

⑧保存を押すとGoogleアカウントへのアクセス許可のダイアログが表示されますのでアカウントを選択し、[許可] を押します。

⑨トリガーに設定が追加されたことが確認出来たら、スプレッドシートの画面に戻り、文字を入力してみると指定した列に入力したときの日時が自動で入力されました。
完成.gif

最後に

コピペで設定できてしまうので、プログラミングが分からない方でも参考になれば幸いです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
3