Ruby
rbenv
Yosemite
RubyCoCoa

YosemiteでRubyCocoaを使う

More than 3 years have passed since last update.

RubyからMacのスクリーンショットを撮るためにCocoaを使いたかったので、
"RubyからMac OS Xのスクリーンショットを撮る"を参考にしてやろうと思ったのだけど、

require 'osx/cocoa'

でつまづいた。

"Yosemite用のRubyCocoa 1.2.0インストーラを公開"を参考にRuby2.0用のRubyCocoaをインストールしたのだけど、システム標準ではなくrbenvでRuby2.1.2を入れて使っていたため、まだうまく動かない。

いろいろ調べてみたけど、"MacOSXでwkpdfを使ってみた" にも書いてあるように、rbenvでいれたRubyを使うのは良くなくて、そのプロジェクトだけシステム標準のRubyを使うのが良いっぽい。

$ mkdir foo_project
$ cd foo_project
$ rbenv local system

ってすれば、foo_projectのディレクトリ内で問題なく

require 'osx/cocoa'

ができた。