search
LoginSignup
0

資格取得しようと思った背景

 - 業務でAWSを触れる機会が増えた。
 - AWSを知ることで開発の幅が広がりそう。

これまで受験したAWS認定資格

 - AWS Certified Solutions Architect – Associate
 - AWS Certified Developer - Associate
 - AWS Certified SysOps Administrator – Associate

勉強方法

試験の雰囲気

  • テストセンターでの受験
     - Web問題集で学んでいるため、試験時間の半分程度で全て解答できてしまう。
     - 残り時間は選択した解答に誤りがないか、確認を行い、試験終了。
     - テストセンター行くと、すぐに試験開始できる!(自宅受験は、準備が大変😭)

  • 試験内容
     - 試験問題の英語を直訳しているような問題文なため、少し理解するのが困難な時がある。
     - どの試験も「コスト、セキュリティ、可用性」などを意識して、解答することが重要!

まとめ

  • 今まで触ったクラウドを触っていない方は「AWS Certified Cloud Practitioner」がオススメ!
    AWSを知ることで、他のクラウドのハードルも下がります。

  • 書籍で一つ一つ学ぶよりも本番の形式(Web問題集)で勉強する方が、アウトプットも多く、
    短期間で合格することができました!

  • 以下のAWSサービスの問題が多く出題される。
    S3,IAM,RDS,EC2,CloudWatch

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0