search
LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

AWSクラウドプラクティショナー勉強法

AWSクラウドプラクティショナー受験の動機

2020年4月から2つの通信制大学院に通い始め、7月に勤めていた会社を退職しました。2021年6月にインドのBITS Pilani (Birla Institute of Technology and Science)でビッグデータ・エンジニアリングのPost Graduate Diploma (修士課程から修士論文課程を除いた学位)を取得しました。7月にイギリスのLiverpool John Moores大学に籍を移し、同分野の修士課程を履修中です。目下、最後の砦である修士論文を執筆中です。年明けから職探しを始めようと、学位以外にアピールできる要素が欲しいと考えていました。

学習開始時点でのAWS経験

大学院の講義を通じて、AWSの利用経験が約1年程あります。EC2インスタンスにCloudera Managerをインストールし、Hadoop Ecosystemを使い、大規模データの集計・分析をしていました。

合格に必要だった期間・時間

準備期間は正味3.5週間程でした。1日の学習時間は1.5から多くても2時間程で、論文執筆の傍ら、AWS認定資格の勉強を進めました。論文に煮詰まったら気分転換を兼ねて、資格勉強するといった要領です。

利用した教材

無料・有料の教材両方を使いました。

無料

  1. AWS デジタルトレーニング 「AWS Cloud Practitioner Essentials」
  2. AWS BenchPrep Certification Practice
  3. AWS 認定 - 試験準備ワークショップ クラウドプラクティショナー
    同ワークショップで配布された2つのPDF資料  
    ・AWS Certified Cloud Practitioner 試験ガイド  
    ・AWS 認定試験ワークショップ 「クラウドプラクティショナー」

有料

@gorooe さんの記事を参考にさせて頂きました。
1. SB Creative「AWS認定クラウドプラクティショナー」
2. Udemy 「この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)」

学習方法

1. AWS デジタルトレーニング AWS Cloud Practitioner Essentials 受講

クラウドプラクティショナーは試験範囲が広く、クラウドの概念、セキュリティ、ネットワーク、ストレージ、料金体系と幅広い分野から出題されます。この為、AWS Cloud Practitioner Essentialsを受講し、サービスの全体像を掴もうとしました。受講に当たってはマインドマップを使ってメモを採りました。

2. 参考書と模擬試験による知識強化

準備期間
全体像を掴んだ後、SB Creativeの参考書を斜め読みしながら、Udemyの模擬試験問題を解き始めました。模擬試験は1〜6回まで各回を7回繰り返し解き、80〜90%の正答率がコンスタントに出せるまで繰り返しました。間違った問題は解説をメモし、参考書を読み出題範囲と紐付けをして、知識を整理・補強しました。

受験直前
AWS 認定 - 試験準備ワークショップ クラウドプラクティショナー受講
受験の約2週間前、AWS 認定 - 試験準備ワークショップ クラウドプラクティショナーを受講しました。ワークショップで配布された2つのPDF資料を読み、試験の理解を深めました。

4. AWS BenchPrep Certification Practice での仕上げ

最後にAWS BenchPrep Certification Practiceというウェブサイトで、公式の模擬問題20問を7回繰り返し解きました。模擬試験と実試験が違い、冷や汗をかくのはテストあるあるなので、公式の模擬試験も一通り解いておいた方が安心です。尚、Udemyの模擬試験の方が難しい問題を収録しています。

準備の難しさ

AWS資格勉強の最大の難しさは、出題範囲に関するリソースが散らばっている点にあります。AWS Well-Architected フレームワークAWS料金体系AWSサービス別資料 等、目を通しておいた方がいいリソースが多く参考書、模擬試験で得た知識を整理するのに苦労しました。

今後の展望

大規模データを扱うデータ・エンジニアリングは、クラウド・コンピューティングなくして成り立ちません。来年3月末迄にアソシエート・レベルのAWSソリューションズ・アーキテクト、専門知識のデータ・アナリティクスの合格を目指しています。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0