Help us understand the problem. What is going on with this article?

大学生が有料スマホゲームを作った全てを公開するよ(2)開発環境とゲームの構成

More than 1 year has passed since last update.

大学生が有料スマホゲームを作った全てを公開するよ(1)イントロダクション
の続き。

今回は、開発環境と大まかなゲームの構成について。

開発環境

使ったパソコン

Mac Book Air (13-inch, Early 2015)を使って開発した。
ボクはMacのノートパソコンを使ってたんだけど、
先輩はWindowsのノートパソコンだった。
そんなに性能は高くないけど、充分作れたよ。

iPhoneアプリをリリースしたかったら絶対にMacが必要なんだ。
iPhoneアプリを作るなら、MacかMacを持っている友達を確保しよう。

使ったツール

  • Unity 2017.2.0p4
  • Git
  • BitBucket
  • Sourcetree
  • Trello
  • Slack

それぞれ簡単に説明しておくよ。

Unity

スクリーンショット Unity.png
Unityはゲームを感覚的に作れるようにしたゲームエンジン。
2Dゲームも3Dゲームも作れる。
iPhoneアプリもAndroidアプリもパソコンのゲームも作れる。
これひとつあれば大体のゲームは作れるんだ。
でもiPhoneアプリをリリースするにはMacがいるから気をつけてね。

Unityは初心者から玄人まで多くの人が使ってる。
スーパーマリオランや白猫プロジェクト、ポケモンGOもUnityで出来てる。
有名でかなり人気があるよ。

ちなみに、今回使ったバージョンは2017.2.0p4。
ボクのゲームも全部Unityで作ったよ。

Git

スクリーンショット 2019-01-18 0.40.15.png
いわゆるバージョン管理ツール
たまに開発の状態を保存しておくと、後で元に戻したり出来るんだ。

しかも次に紹介するBitBucketと連携すると、もっと便利になる。
パソコンが壊れても復旧出来るし、
一緒に開発してる人と同じ開発状態を共有出来る

実際、Gitを使わなかったら一緒に開発するのは大変だったと思う。
多分、コードをコピペしたりしないといけないよね。
共同開発をするならおすすめだよ。
少し勉強しないと難しいけど...。

BitBucket

スクリーンショット 2019-01-18 0.43.03.png

Gitで管理しているデータを置いておく場所
Gitと連携する事で、バックアップを保存したり、友達とデータの共有が出来るようになる。

実は、GitHubでもほぼ同じことが出来る。
BitBucketは無料版でプライベートリポジトリが使えるから採用した。
でも最近、GitHubも無料でプライベートリポジトリが作れるようになったらしい。
今からやる人はGitHubの方が良いかもしれない。

Sourcetree

スクリーンショット 2019-01-18 0.44.48.png

Gitの機能を視覚化してくれる。
実はGitはコマンドを打って実行しないといけない。
でも、あんまりGitの知識がない人には分かりにくい
それを初心者にも見やすく使いやすくするのがSoucetree。
マウスでボタンを操作するだけでGitが使える。
ボクもGitはほとんど初めてだし、Sourcetreeは分かりやすいから使う事にした。

ボクはほとんどGitを知らないけど、これのおかげで何となく使えてるよ。

Trello

スクリーンショット 2019-01-18 0.51.30.png

タスク管理ツール。
やる事やメモを1つのカードとして作って、タスクの管理が出来る。
自由につかんで移動させられるし、チェックリストみたいな便利な機能もある。
共同開発をする場合もリアルタイム状態が共有できる
結構おすすめ。

Slack

スクリーンショット 2019-01-18 12.33.11.png

主にチャット用のツール。
エンジニア向けのLINEみたいな感じ。
色んなカスタマイズが出来る。
今回はBitBucketと連携して、pushすると自動で内容がSlackに送られるようにした(してくれた)。

ゲームの構成

これから紹介するのは、ボクが今回作ったゲームでの構成だ。
ボクは未熟だし、絶対良いとは言えない。
もっと良い作り方もあるだろう。
でも、ボクのやり方でも最低限動作はした。
良いところ、悪いところを分析して自分の開発に活かしてくれると嬉しい。

必要なシーン

このゲーム(pertica)は3つの場面で出来ている。
これからは場面の事をシーンと呼ぶよ。

  • メニューシーン (Menu)
  • ゲームシーン (DecodeStage)
  • リザルトシーン (Clear)

この3つ。
( )の中は実際の開発で使ったUnityの中でのシーンの名前。
それぞれのシーンが持つ機能を説明するね。

メニューシーン

メニューシーンが持つ機能は

  • ステージを選ぶこと

このゲーム(pertica)はステージ制のパズルゲームだから、ステージを選ぶ画面を作らなきゃいけない。
よくあるのは、数字が書かれたボタンがあって選んだステージが遊べるやつ。
パズドラとかでもダンジョンを選択するよね。
ゲームによっては、設定画面とかショップとかに行くボタンがいるかもしれない。
でもボクが必要だった機能は、ステージを選択することだけだった。
だから今回、メニューシーンはほとんどステージ選択画面と一緒だ。

ゲームシーン

ゲームシーンが持つ機能は3つ

  • メニューで選択したステージを生成する
  • ステージが遊べる
  • クリアしたら保存する

ゲームを遊べる機能は最初に作っちゃう。
でもちゃんと遊ぶためには、ステージが必要だ。
だから、ステージはゲーム開始の前に生成する事にした。
そうすると後でステージを追加するのが楽になる。
でもまだ足りない。
ゲームをクリアしたら、クリアしたことを保存しないと。
今どこまでクリアしたかが分からないと、次のステージに進めなくなっちゃう。

リザルトシーン

リザルトシーンの機能はたった一つ。

  • Clearって文字を表示する

これだけ。
演出とかをかっこよくするために一つの場面として分けてみた。
スコアとかを表示しても良いんだけど、
このゲーム(pertica)はあんまり文字を入れたくなかったから、やめたんだ。

コメント

今回書いたのは、ゲームを作り始める前からなんとなく考えていた事だ。
ゲームは実際に遊ぶ部分だけじゃない。
メニュー画面とかリザルト画面も必要なんだ。
しかも結構時間がかかる。
実際、メニュー画面が完成したのはリリースの2週間前なんだ。
2ヶ月くらい悩んで、
3回くらい見た目を変えた...。

気が付いた人もいるかもしれないけど、
実はこのゲーム、タイトルシーンが無いんだ。
普通はゲームを開いたら、
「画面をタップしてね」
っていう文字と、ゲームの名前が出てくるよね。
ボクの作ったゲームはいきなり、メニュー画面から始まる。
でも、それはタイトル画面も兼ねている。
「どういう事?」ってなるよね。
簡単に言うと、タイトルロゴで遊べるんだよ!
これは説明するより見た方が早いんだけど...。

perticaは下のリンクからインストール出来るよ。

大学生が有料スマホゲームを作った全てを公開するよ(1)イントロダクション
大学生が有料スマホゲームを作った全てを公開するよ(2)開発環境とゲームの構成
大学生が有料スマホゲームを作った全てを公開するよ(3)ゲームの構造・パズルとアクションの仕組み(前編)
大学生が有料スマホゲームを作った全てを公開するよ(4)ゲームの成り立ち・パズルとアクションの仕組み(後編)

shoi_ito
Unityでゲームを作ってる大学生。 Unityは高校生くらいで触り始めた。 その時はJavaScriptだった。 もう使えないけど...。 今はC#でゲームを作っている。 Unityしか動かせないけど。 VRとかMRとかも興味があるけど、お金はない。
https://jack-web.herokuapp.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした