search
LoginSignup
11

More than 5 years have passed since last update.

posted at

React Native with Fastlane

Fastlane

FastlaneはコマンドラインでAppleのReview申請,証明書発行などを自動化するツールです。Push通知の証明書もコマンドで非常に簡単な作成できてしまう一度使ったら止められないツールです。

React Native with Fastlane

React Nativeのアプリを作ると、結局はAppleへ申請をするので、Fastlaneを使うことができます。

 インストール

READMEに従ってインストールすれば問題ないです。FastlaneはRuby2.0.0以上が必要です。

 $ gem install fastlane
 $ xcode-select --install

React Nativeの場合、iosディレクトリがプロジェクトのルート直下にあると思うのでそこに移動して、

 $ cd ios
 $ fastlane init

インタラクティブに色々聞かれるので質問に答えていくとfastlaneディレクトリができて、インストールが完了します。

私のfastlaneディレクトリは下記のようになっています。

fastlane/
├── Appfile
├── Deliverfile
├── Fastfile
├── Preview.html
├── Snapfile
├── SnapshotHelper.swift
├── actions
├── metadata
│   ├── copyright.txt
│   ├── en-US
│   │   ├── description.txt
│   │   ├── keywords.txt
│   │   ├── marketing_url.txt
│   │   ├── name.txt
│   │   ├── privacy_url.txt
│   │   ├── release_notes.txt
│   │   └── support_url.txt
│   ├── primary_category.txt
│   ├── primary_first_sub_category.txt
│   ├── primary_second_sub_category.txt
│   ├── secondary_category.txt
│   ├── secondary_first_sub_category.txt
│   └── secondary_second_sub_category.txt
└── screenshots
    ├── README.txt
    ├── en-US
    │   ├── 3.5\ Device\ 1.jpg
    │   ├── 3.5\ Device\ 2.jpg
    │   ├── 3.5\ Device\ 3.jpg
    │   ├── 3.5\ Device\ 4.jpg
    │   ├── 3.5\ Device\ 5.jpg
    │   ├── 4.0\ Device\ 1.jpg
    │   ├── 4.0\ Device\ 2.jpg
    │   ├── 4.0\ Device\ 3.jpg
    │   ├── 4.0\ Device\ 4.jpg
    │   ├── 4.0\ Device\ 5.jpg
    │   ├── 4.7\ Device\ 1.jpg
    │   ├── 4.7\ Device\ 2.jpg
    │   ├── 4.7\ Device\ 3.jpg
    │   ├── 4.7\ Device\ 4.jpg
    │   ├── 4.7\ Device\ 5.jpg
    │   ├── 5.5\ Device\ 1.jpg
    │   ├── 5.5\ Device\ 2.jpg
    │   ├── 5.5\ Device\ 3.jpg
    │   ├── 5.5\ Device\ 4.jpg
    │   └── 5.5\ Device\ 5.jpg
    └── screenshots.html

使い方

私が使っているコマンドを解説します。

 $ fastlane deliver

アプリのDescription等のファイルをiTunes connectにアップロード。アプリの情報をファイルで管理、githubで保存できて便利です。ただし、fastlane snapshotはReact Nativeでは動かないので、Sketchのプラグインでまとめてsnapshotを作成して、screenshotsのディレクトリ内に入れて、fastlane deliverしています。

 $ fastlane pem

Push通知の証明書作成、アップロード。作成するプロセスを知っている人はわかると思いますが、異常に簡単です。

 $ fastlane gym

アプリをビルドして、ipaファイルを作成します。ビルドをReleaseに変えて作ってくれます。ipaファイルを作って、fastlane deliverを行うとバイナリのアップロードまで行ってくれます。

Summary

このようにReact Nativeでも基本的にiOSと変わらず、Fastlaneを使うことができます。React Nativeで全てのツール群を使えるようにはまだなっていないので、こういったiOSの資産を使っていくと便利になります。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
11