PHP
WordPress
order
e-commerce
WooCommerce

WooCommerce の注文関連の関数【取得系】


注文データ全体の取得

注文データ全体を取得する場合は、$post_idが分かっていれば、以下のコードで分かります。

Class WC_Orderから情報を取得することが出来ます。

バージョンは3.0.0以降の情報となります。【2019/06/12現在】

wc_get_orderの説明原文


functions.php

$order = wc_get_order($post_id);



表示用の注文IDの取得

上記の方法で取得した \$order から表示用の注文 ID を取得することが出来ます。注文IDは何もしなければ投稿 ID と同じなのですが、プラグインやカスタマイズで接頭辞などを付けることが出来ます。そういう処理をしていた場合は、このようにして取得できます。

何もしていなければ、基本的に \$post_id = \$order_id となります。


functions.php

$order_id = $order->get_order_number();



購入ユーザー ID 情報

購入ユーザーが登録ユーザーだった場合は以下の方法で顧客IDなどを取得します。

get_user_id() は get_customer_id()のエイリアスとなります。


functions.php

$customer_id = $order->get_customer_id();

$user_id = $order->get_user_id();


購入ユーザー情報

購入ユーザーが登録ユーザーだった場合、登録されているユーザー情報を Class WP_User で取得出来る情報となります。


functions.php

$customer = $order->get_user();


その他の注文情報の取得方法を以下のページで説明します。


  • 請求先情報

  • 配送先情報(準備中)

  • 決済情報(準備中)

  • 配送情報(準備中)

  • 商品情報(準備中)

  • 払い戻し情報(準備中)

  • その他情報(準備中)