Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ruby on Rails DM 2019 登壇者の影響を受けた3冊まとめ (day.1)

More than 1 year has passed since last update.

概要

すごいRailsエンジニアの方々がどんな書籍を読んで今に至るのか、またどんな本が人気なのか?をもとに、もっと高みを目指そうということで、Ruby on Rails 2019の冊子で紹介された、

「影響を受けた3冊」

をリスト形式で掲載。途中で力尽きて、著作名のみになっている点はご了承ください。

イベントについて:
Ruby on Rails 2019 3/22~23 開催
https://techplay.jp/event/714867

Day 2の登壇者の方々 はこちら

https://qiita.com/shogotgm/items/f074fe85c285e02a2027

Day 1の登壇者の影響を受けた3冊まとめ

@ dhh

・The Manual: A Philosopher's Guide to Life (Epictetus, Sam Torode)
・Escape from Freedom (Erich Fromm)
・Punished by Rewards (Alife Kohn)

@ takahashim

・ひとめあなたに… (新井 素子)
・心のなかの冷たい何か (若竹 七海)
・計算機プログラムの構造と解釈 (Gerald Jay Sussman, Julie Sussman, Harold Abelson)

@ jeremy

・How to Solve It (George Poyla)
・Calvin and Hobbes (Bill Watterson)
・The Overcoat (Nikolai Gogol)

@ onk

・影響力の武器 (ロバート・B・チャルディーニ)
・バクマン。 (大場 つぐみ・小畑 健)
・大東京トイボックス (うめ)

@ youchan

・あすなろ物語 (井上 靖)
・路上 (ジャック・ケルアック)
・聖書

@ kei-p, @ gotchane

・UNIX という考え方 (Mike Gancarz)
・プログラマが知るべき 97のこと (和田 卓人)
・リーダブルコード (Dustin Boswell)

@ yoshinori

・プログラマの数学 (結城 浩)
・情熱プログラマー (Chad Fowler)
・テスト駆動開発 (Kent Beck)

@ yahonda

・Head First Rails(David Griffiths)
・遠い太鼓 (村上 春樹)
・Oracle Database 概要 (Oracle Docs)

@ tawachan

・限界費用ゼロ社会 (ジェレミー・リフキン)
・社会契約論 (J.J ルソー)
・ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書 (篠原航、 加嵜長門)

@ hsbt

・Rubyのしくみ (Pat Shaughnessy)
・Crafting Rails Applications (Jose Valim)
・アジャイルサムライ (Jonathan Rasmusson)

@ upinetree

・アジャイルサムライ (Jonathan Tasmusson)
・たのしい開発 スタートアップRuby (大場寧子、大場光一郎、他)
・リーダブルコード (Dustin Boswell)

@ itkrt2y

・Simple is not easy
・TOYOTA KATA
・Ruby on Rails Tutorial

@ rust

・四次元の世界 - 超時空から相対性理論へ (都筑 卓司)
・はじめの一歩を踏み出そう - 成功する人たちの起業術 (マイケル・E・ガーバー)
・逆境ナイン (島本 和彦)

@ yancya

・たのしい Ruby (高橋 征義、後藤 裕蔵)
・SQL アンチパターン (Bill Karwin)
・CPUの創りかた (渡波 郁)

@ m-nakamura145

・マスタリング TCP/IP 入門編
・やさしい C++
・珠玉のプログラミング 本質を見抜いたアルゴリズムとデータ構造

@ mrkn

・C言語による最新アルゴリズム事典 (奥村 靖彦)
・プログラミング言語 C++ (Bjarne Stroustrup)
・ご冗談でしょう ファインマンさん (Richard P. Feynman)

@ takatoshi-maeda

・メタプログラミング Ruby (Paolo Perrotta)
・イシューからはじめよ (安宅 和人)
・リーン・スタートアップ (Eric Ries)

===(ここからは著作名のみです...)===

@ riho

・夜と霧
・オブジェクト指向でなぜつくるのか
・ライト、ついてますか - 問題発見の人間学

@ nay

・Effective Java
・RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発
・アドラー心理学入門

@ takkanm

・たのしいRuby
・情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方
・Clean Coder プロフェッショナルプログラマへの道

@ ota42y

・情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方
・理科系の作文技術
・ゲーデル、エッシャー、バッハーあるいは不思議の環

@ ujihisa

・UNIXという考え方 - その設計思想と哲学
・発酵の技法 - 世界の発酵食品と発酵文化の探求
・How to Become A Hacker

@ owlworks

・UNIXという考え方 - その設計思想と哲学
・予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
・ザ・ゴール - 企業の究極の目的とは何か

@ katorie

・初めてのプログラミング
・Webを支える技術 - HTTP, URI, HTML, そしてREST
・パターン、Wiki、XP ~ 時を超えた創造の原則~

@ yui-knk

・Ruby ソースコードで完全解説
・はじめての OSコードリーディング
・ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャ ARM版

@ aeroastro

・人工衛星の力学と制御ハンドブック - 基礎理論から応用技術まで
・詳解 Linuxカーネル
・Goならわかるシステムプログラミング

@ taogawa

・リファクタリング - プログラムの体質改善テクニック
・Java言語で学ぶデザインパターン
・山椒魚戦争

@ kyuden

・パーナムピアノ教本シリーズ

@ r7kamura

・初めてのPerl
・初めてのRuby
・Patterns of Enterprise Application Architecture

@ Morred

・Practical Object-Oriented Design in Ruby: An Agile Primer
・Letters from a Stoic
・Pippi Longstocking

@ amatsuda

・Rails3 レシピブック 190の技
・HEAD FIRST RAILS
・たのしいRuby

@ emorima

・プログラミング言語 C
・深い河
・はみだしっ子

@ siman-man

・たのしいRuby
・プログラミングコンテストチャレンジングブック
・メタプログラミング Ruby

雑なまとめ:「たのしいRuby」はいい本

atrae
People Techカンパニーとして、転職サイトGreen, ビジネスマッチングアプリyenta, 組織改善プラットフォームwevoxなどのサービスを運営。全ての社員が誇りを持てる組織と事業の創造にこだわり、関わる人々がファンとして応援したくなるような魅力ある会社であり続けることを目指しています。
https://atrae.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした