Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSの請求情報を毎日Slackに投稿してコスト意識を高めることにした

コードの置き場所

以下に置いているので好きに使ってください。Serverless FrameworkとPythonコード合わせて150行も無いので読めば分かると思います。

https://github.com/shogomuranushi/aws-billing-police

何ができるのか

こんな風に費用が発生しているAWSサービスが列挙されて毎日通知されます。

image.png

なぜ作ったのか

コロナの影響もあって今後どうなるか分からないですよね。コスト意識は少しでも改善したいいところ。
で、予実管理はしてるけど月単位なのでスパンが長いので、毎日なら検知もしやすく何にいくらかかってるかもすぐにわかるようになるので、毎日通知する君を作りました。

使い方

GitHubのREADMEにも書いていますが、

  1. SlackのWebhook URLを取得します。

    1. こちらのURLを参考に取得してください。 -> Slack での Incoming Webhook の利用
  2. AWSのパラメータストアにWebhookのURLを入れます。

    bash
    aws ssm put-parameter --region us-east-1 \
        --name "SLACK_WEBHOOK_URL" \
        --description "Slack Webhook URL" \
        --type "String" \
        --value "https://hooks.slack.com/services/xxxxx/xxxxx/xxxxx"
    
  3. envディレクトリの中身を書き換えます。投稿先のSlack ChannelとAWSのアカウント名(表示用)を設定します。

    vim ./env/dev.yaml
    
  4. デプロイします。裏ではServerless FrameworkでLambdaとCloudWatch Eventがデプロイされます。

    bash
    make dev
    

注意事項

  • 前日と言ってもAWS側で集計に少し時間を要するために2日前のAWS利用量を出力しています。
  • ドルから日本円に変換しています。固定で110円にしています。
  • 0円のものも投稿されるので邪魔なので2円以上のサービスのみ表示されるようになっています。この辺りはコード内をお好きに弄りください。
  • 投稿内容の文字列を変更したい場合はこちらを修正ください
  • Slackへの投稿時間を変更したい方はこちらを変更ください。なお、GMTになりますので注意ください。
  • コストエクスプローラーAPIのエンドポイントはバージニアになるためバージニアでデプロイしています
shogomuranushi
AWSが得意系(資格5冠ホルダー)のインフラエンジニア
https://medium.com/@shogomuranushi
abeja
「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進するベンチャー企業です。
https://abejainc.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした