0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

独自ヘルパ関数追加で階層のあるsessionを作ってみた。

これは何?

Laravelは独自ヘルパ関数を作れます。

今回は、独自ヘルパ関数で、sessionをラップした形のものを作り、
階層つきsessionを作成しました。

どういうとき使うの?

id付きのページ
/hoge/{id}
にアクセスし、これを起点にsessionを保ちながらアクセスせざるを得ない場合使います。

例えば、

/hoge/10
↓
/fuga
↓
/piyo

の遷移

/hoge/20
↓
/fuga
↓
/piyo

の遷移

があるとします。

もし、sessionの値をそれぞれ、
/fuga/piyo
と何かしら使うとしたらどうでしょうか?

今回は下記のようなケースを想定しました。

/hoge/10
↓
/fuga
↓
ここで別タブで
/hoge/20
↓
/fuga
↓
ここで元のタブに戻り
/fuga
↓
/piyo

ここのpiyoのsessionの値は10関連と20関連
どちらでしょうか?
これは20ですよね。10経由にも関わらず別タブで操作した時、sessionを書き換えているため20になります。
この問題を解決したいなぁと思いました。

やり方

どこでも良いですが、自分はHelperディレクトリに作成しました。

app/Helper/HogeSession.php
<?php
if (! function_exists('hoge_session')) {
    /**
     * 多階層セッションの独自ヘルパ関数
     *
     * sessionヘルパ関数を利用して、hogeのセッションをidごとに多階層で管理する
     *
     * 引数がnullだと、現在のhogeセッションをゲット、
     * 引数にarray入れると現在のhogeセッションに値をセット、
     * 引数にstringを入れると現在のhogeセッションからキーに対応する値をゲット
     *
     * @param null|array|string $key
     * @return mixed
     */
    function hoge_session($key = null)
    {
        $hoge_id = session('hoge_id');
        $hoge_session = session('hoge_session') ?? [];

        // 現在のhogeセッションをゲット
        if (is_null($key)) {
            if (array_key_exists($hoge_id, $hoge_session)) {
                return $hoge_session[$hoge_id];
            }
            return $hoge_session;
        }

        // 現在のhogeセッションに値をセット
        if (is_array($key)) {
            if (array_key_exists('hoge_id', $key)) {
                $hoge_id = $key['hoge_id'];
            }
            if (!array_key_exists($hoge_id, $hoge_session)) {
                $hoge_session[$hoge_id] = $key;
            } else {
                foreach ($key as $k => $v) {
                    $hoge_session[$hoge_id][$k] = $v;
                }
            }

            return session([
                'current_hoge_id' => $hoge_id,
                'hoge_session' => $hoge_session,
            ]);
        }

        // 現在のhogeセッションからキーに対応する値をゲット
        return $hoge_session[$hoge_id][$key] ?? null;
    }
}

ファイルをオートローダーで読み込む

composer.json
	"autoload": {
		"classmap": [
          ...
          ..
		],
        ...
        ..
        .
		"files": [
			"app/Helper/HogeSession.php",
		]
	},
$ composer dump-autoload

HogeSession.phpを任意のコントローラーなどで使います。

app/Http/Controllers/HogeController.php

public function fuga(Request $request)
{
    $hoge_id = $request->input('hoge_id');

    // リクエスト確定した段階でhogeセッションのcurrent_hoge_idをリクエスト値に変更
    hoge_session([
       'hoge_id' => $hoge_id ←例えば10だったとする
    ]);

    $test = hoge_session('test');  10に関連する値

    hoge_session([
       'nantoka' => $request->input('nantoka'), ←10に関連する値として更新
       'kantoka' => $request->input('kantoka'), 10に関連する値として更新
    ]);
}

これにて、requestにhoge_idを持たせれば、欲しいsessionの値が取得できます。

/hoge/10
↓
/fuga
↓
ここで別タブで
/hoge/20
↓
/fuga
↓
ここで元のタブに戻り
/fuga
↓
/piyo

上記の場合でもpiyoにて10に関するsessionを取得、更新できるようになりました。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?