Help us understand the problem. What is going on with this article?

Redux + Clean Architecture の構造イメージ

More than 1 year has passed since last update.

背景

前回、Redux+RxSwiftのデーターフローをイメージで覚えようとしました。
個人的には文章を読むだけより、色付きのイメージを覚えておきたいというのが役立ちました。

今回CleanArchitectureReduxと一緒に使用することになったのでどこがどうなっているのか前回のイメージを使用して記す。
なお、ディレクトリ構成等は人によって違うと思います。

やること

  • Redux + CleanArchitecture を掛け合わせた時どこに何があるかとか

やらないこと

  • レイヤー毎の詳しい説明

こちらあたりが詳しく書かれております。
参考:
実装クリーンアーキテクチャ

その前に

軽くそれぞれのアーキテクチャの説明。

Redux

  • データの動きは一方向
  • 通信系処理などはActionCreatorに積まれることが多い
  • ActionCreatorとMiddlewareに処理を積むことで拡張性が上がる
  • ちょくちょくRxSwiftとセットで利用される
  • GUIアーキテクチャ

Clean Architecture

  • Modelの内部部分まで切り込んだ設計
  • データベースへのアクセスレイヤーなど各責務を持ったレイヤーが細かく分かれている
  • MVVM+CLや、Redux+CLといったような活用が可能

構造イメージ

image.png

使用上のポイント

  • State Reducer ActionEntity
  • ActionCreator(データをどうこうするロジック)はUseCase
  • Reducerによって変更されたStateRxSwift.subscribeされることでViewに反映される
sho_v00
Junior iOS developer. 活動記録は個人ブログにて。
https://blog.shota-ito.com/
yumemi
みんなが知ってるあのサービス、実はゆめみが作ってます。スマホアプリ/Webサービスの企画・UX/UI設計、開発運用。Swift, Kotlin, PHP, Vue.js, React.js, Node.js, AWS等エンジニア・クリエイターの会社です。Twitterで情報配信中https://twitter.com/yumemiinc
http://www.yumemi.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away