Edited at

初めてのCocoaPods

More than 5 years have passed since last update.

2014年ある夏の日、CocoaPods始めました。


1. インストール

CocoaPodsのインストールにはRubyが必要ですが、

MacにはRubyがデフォルトでインストールされていますので、

以下のコマンドを実行します。

sudo gem install cocoapods


2. レポジトリ情報のセットアップ

以下のコマンドで~/.cocoapods以下にCocoaPodsのレポジトリ情報をセットアップします。

pod setup

レポジトリ情報を更新する場合は、再度「pod setup」コマンドを実行すればOKです。


3. ライブラリの確認

以下のコマンドでCocoaPodsで管理できるライブラリを確認できます。

pod list


4. Podfileの作成

CocoaPodsを利用したいアプリの.xcodeprojディレクトリがあるディレクトリでPodfileという名前のファイルを作成します。

Podfileには利用するライブラリの定義を記載します。

platform :ios, "7.0"

pod 'AFNetworking', '~> 2.3.1'

例では、AFNetworkingの2.3.1以降の2.3.xのバージョンを利用するように指定しています。

バージョンを指定しなければ、その時点での最新版を取得します。

バージョンの記述ルールは下記になります。

記述
意味

'1.0'
バージョン1.0を使用

'> 1.0'
1.0 より上のバージョンを使用

'>= 1.0'
1.0 以上のバージョンを使用

'< 1.0'
1.0 未満のバージョンを使用

'<= 1.0'
1.0 以下のバージョンを使用

'~> 1.0.2'
1.0.2 以降のバージョン 1.0.xを使用


5. ライブラリのインストール

Podfileを作成したら、ライブラリをインストールをします。

Podfileがあるディレクトリに移動して以下のコマンドを実行します。

pod install

Podfileを編集してライブラリの追加、削除する場合は以下のコマンドを実行します。

pod update

インストールに成功した場合、Podsディレクトリと、<プロジェクト名>.xcworkspaceディレクトリが作成されます。


6. .gitignoreの設定

ライブラリが格納されているPodsディレクトリはバージョン管理外にしましょう。

Pods


7. 準備完了

CocoaPods導入後は、新しく生成された<プロジェクト名>.xcworkspaceでプロジェクトを開いて開発してください。