Help us understand the problem. What is going on with this article?

初めてのCocoaPods

More than 5 years have passed since last update.

2014年ある夏の日、CocoaPods始めました。

1. インストール

CocoaPodsのインストールにはRubyが必要ですが、
MacにはRubyがデフォルトでインストールされていますので、
以下のコマンドを実行します。

sudo gem install cocoapods

2. レポジトリ情報のセットアップ

以下のコマンドで~/.cocoapods以下にCocoaPodsのレポジトリ情報をセットアップします。

pod setup

レポジトリ情報を更新する場合は、再度「pod setup」コマンドを実行すればOKです。

3. ライブラリの確認

以下のコマンドでCocoaPodsで管理できるライブラリを確認できます。

pod list

4. Podfileの作成

CocoaPodsを利用したいアプリの.xcodeprojディレクトリがあるディレクトリでPodfileという名前のファイルを作成します。
Podfileには利用するライブラリの定義を記載します。

platform :ios, "7.0"
pod 'AFNetworking', '~> 2.3.1'

例では、AFNetworkingの2.3.1以降の2.3.xのバージョンを利用するように指定しています。
バージョンを指定しなければ、その時点での最新版を取得します。

バージョンの記述ルールは下記になります。

記述 意味
'1.0' バージョン1.0を使用
'> 1.0' 1.0 より上のバージョンを使用
'>= 1.0' 1.0 以上のバージョンを使用
'< 1.0' 1.0 未満のバージョンを使用
'<= 1.0' 1.0 以下のバージョンを使用
'~> 1.0.2' 1.0.2 以降のバージョン 1.0.xを使用

5. ライブラリのインストール

Podfileを作成したら、ライブラリをインストールをします。
Podfileがあるディレクトリに移動して以下のコマンドを実行します。

pod install

Podfileを編集してライブラリの追加、削除する場合は以下のコマンドを実行します。

pod update

インストールに成功した場合、Podsディレクトリと、<プロジェクト名>.xcworkspaceディレクトリが作成されます。

6. .gitignoreの設定

ライブラリが格納されているPodsディレクトリはバージョン管理外にしましょう。

Pods

7. 準備完了

CocoaPods導入後は、新しく生成された<プロジェクト名>.xcworkspaceでプロジェクトを開いて開発してください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away