LoginSignup
100
83

More than 5 years have passed since last update.

PWAのmanifest.jsonとiconsの各サイズのアイコン画像を自動生成してくれるApp Manifest Generatorの紹介

Last updated at Posted at 2018-03-25

小ネタです。

PWAを構成する要素の一つWeb App Manifestに用いるmanifest.jsonを手動で書いていませんか?
Web App Manifestのicon用にいくつかのサイズの画像を用意しなければいけませんが、画像変換ソフトで一つずつサイズ変換していませんか?

今回はそれらの作業を3分以内に作ることができるサービスを紹介します。タイピングが早ければ1分もかからないと思います。

おそらくこの記事にたどり着いた方はWeb App Manifestやmanifest.jsonのことは既に知っていると思いますが、念のため知らない方は以下のリンクを参考にしてください。

App Manifest Generator

今回紹介するのはApp Manifest Generatorというサイトです。
fc899e48-a267-4eb8-b3c9-e6507e1c5e97.png

各フォームに入力し、画像をアップロードするとmanifest.jsonといくつかのサイズに変換されたアイコン用の画像をダウンロードできます。

各フォームに関してはApp Manifest | MDNを参考に入力してください。
ICONのボタンをクリックしてアイコン用の画像をアップロードすると以下のサイズの画像に変換してくれます。

  • 72x72
  • 96x96
  • 128x128
  • 144x144
  • 152x152
  • 192x192
  • 384x384
  • 512x512

最後にGENERATE ZIPボタンをクリックするとapp-images.zipというzipファイルがつくられます。
解凍するとmanifest.jsonと各サイズの画像が入っています。

app-images
├── images
│   └── icons
│       ├── icon-128x128.png
│       ├── icon-144x144.png
│       ├── icon-152x152.png
│       ├── icon-192x192.png
│       ├── icon-384x384.png
│       ├── icon-512x512.png
│       ├── icon-72x72.png
│       └── icon-96x96.png
└── manifest.json

筆者のGitHub Pages用のmanifest.jsonを作成例を紹介します。
85e611ad-de4e-4aa2-8f7a-d44413e47d10.png

以下のようなmanifest.jsonができます。

manifest.json
{
  "name": "shisama",
  "short_name": "shisama",
  "theme_color": "#2196f3",
  "background_color": "#2196f3",
  "display": "standalone",
  "Scope": "/",
  "start_url": "https://shisama.github.io",
  "icons": [
    {
      "src": "images/icons/icon-72x72.png",
      "sizes": "72x72",
      "type": "image/png"
    },
    {
      "src": "images/icons/icon-96x96.png",
      "sizes": "96x96",
      "type": "image/png"
    },
    {
      "src": "images/icons/icon-128x128.png",
      "sizes": "128x128",
      "type": "image/png"
    },
    {
      "src": "images/icons/icon-144x144.png",
      "sizes": "144x144",
      "type": "image/png"
    },
    {
      "src": "images/icons/icon-152x152.png",
      "sizes": "152x152",
      "type": "image/png"
    },
    {
      "src": "images/icons/icon-192x192.png",
      "sizes": "192x192",
      "type": "image/png"
    },
    {
      "src": "images/icons/icon-384x384.png",
      "sizes": "384x384",
      "type": "image/png"
    },
    {
      "src": "images/icons/icon-512x512.png",
      "sizes": "512x512",
      "type": "image/png"
    }
  ],
  "splash_pages": null
}

これを手動でやるとなるとなかなか大変ですが、App Manifest Generatorで作ると非常に簡単に作成できます。

ダウンロードしたmanifest.jsonと画像はそのままPWA対応したいプロジェクト直下に置いて使うことができます。

App Manifest GeneratorだけではWeb App Manifestのすべてのプロパティを設定することはできませんが、最低限必要なプロパティは用意できます。

まとめ

manifest.json作るときはまずApp Manifest Generatorを使おう

最後までお読み頂きありがとうございました。
不備や質問がありましたら、コメント欄またはTwitter(@shisama_)からお願い致します。

100
83
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
100
83