Python
list
リスト
メソッド

Python リストのメソッド

リストのメソッドについて纏めました。

L.append(x)

リストの末尾に要素を追加します。

例1
val = ['a','b','c','d','e']
val.append('f')
print(val)
['a', 'b', 'c', 'd', 'e', 'f'] #結果
例2
val = ['a','b','c','d','e']
val.append(['f','g'])
print(val)
['a', 'b', 'c', 'd', 'e', ['f', 'g']] #結果

L.clear()

リスト中の全ての要素を削除します。

val = ['a','b','c','d','e']
val.clear()
print(val)
[] #結果

L.count(x)

引数と一致する要素の数を取得します。

val = ['a', 'b', 'b', 'c', 'c', 'c']
print(val.count('c'))
3 #結果

L.extend(x)

リストの末尾に引数に指定したリストを追加します。

val = ['a', 'b', 'c', 'd', 'e']
val.extend(['f','g'])
print(val)
['a', 'b', 'c', 'd', 'e', 'f', 'g'] #結果

L.index(x, start, end)

第1引数と一致する要素のインデックスを取得します。
第2引数と第3引数を指定することで探索範囲を指定できます。
リストの中に該当する要素が見つからなかった場合はエラー(ValueError)が発生します。

例1
val = ['a','b','c','d','e']
print(val.index('e'))
4 #結果
例2
val = ['a','b','c','d','e']
print(val.index('d',1,5)) #インデックスが1から4の範囲を探索
3 #結果
例3
val = ['a','b','c','d','e']
print(val.index('f'))
ValueError: 'f' is not in list #結果

L.insert(i, x)

第1引数に指定したインデックスに要素を挿入します。

val = ['a','b','c','d','e']
val.insert(2, 'ab')
print(val)
['a', 'b', 'ab', 'c', 'd', 'e'] #結果

L.pop(i)

指定したインデックスの要素を削除して、要素を返します。
引数を指定しない場合、リストの末尾の要素を削除します。

val = ['a', 'b', 'c', 'd', 'e']
print(val.pop(1))
b #結果

print(val)
['a', 'c', 'd', 'e'] #結果

val.pop()
print(val)
['a', 'c', 'd'] #結果

L.remove(x)

指定した要素を削除します。
リストの中に該当する要素が見つからなかった場合はエラー(ValueError)が発生します。

val = ['a','b','c','d','e']
val.remove('b')
print(val)
['a', 'c', 'd', 'e'] #結果 

val.remove('f')
ValueError: list.remove(x): x not in list #結果

L.reverse()

リストの並び順を反転します。

val = ['a','b','c','d','e']
val.reverse()
print(val)
['e', 'd', 'c', 'b', 'a'] #結果

L.sort(key, reverse)

リストの並び順をソートします。
何も指定しないと昇順、"reverse=True"とすると降順となります。

例3ではkeyパラメータを指定しています。
keyパラメータは要素の比較を行う前に呼び出される関数を指定することが出来ます。

例1
val1 = [5, 1, 4, 3, 2]
val1.sort()
print(val1)
[1, 2, 3, 4, 5] #結果 
例2
val1.sort(reverse=True)
print(val1)
[5, 4, 3, 2, 1] #結果
例3
val2 = [
[4, 1, 5, 3, 2],
[5, 4, 3, 2, 1],
[1, 2, 3, 4, 5]
]
val2.sort(key=lambda val2:val2[0]) #ラムダ式(無名関数)でval2[0][0]、val[1][0]、val[2][0]の値を比較してソートするようにしています。
print(val2)
[[1, 2, 3, 4, 5], [4, 1, 5, 3, 2], [5, 4, 3, 2, 1]] #結果