Mac
Jenkins

Jenkinsインストール(Mac)

概要

Jenkinsの環境って整ってしまうとあまり触ることがないので
結果、職場で軽い設定とかはするけど、一からやるってなったらよくわからん!
なので一からやることにしてみた
多分ほどよい区切りごとに記事書く
環境はiMacでやってます
気が向いたらwinodwsでもやるかも

1. Javaインストール

Javaバージョン確認

コマンド
$ java -version
成功
java version "x.x.x"
失敗
java: command not found

失敗したらJavaがインストールされていないので下記からダウンロード/インストールする
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
JDKのダウンロードボタンからmacOSのdmg

※最新のJDKだとJenkinsが対応してない可能性がある
(記事書いてる時点ではJDK9系は対応してなかったのでJDK8系を入れた)

2. Homebrewインストール

読み方は「ホームブルー」らしい(英語苦手)

コマンド
$ brew -v
成功
Homebrew "x.x.x"
失敗
brew: command not found

失敗したらHomebrewがインストールされていないので下記コマンドでインストールする

コマンド
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

3. Jenkinsインストール

コマンド
$ brew install jenkins
成功
==> Summary
/usr/local/Cellar/jenkins/2.101: 7 files, 74.0MB, built in 43 seconds
失敗
jenkins: Java 1.8 is required to install this formula.

JenkinsがインストールしてるJavaに対応してなかったらこれインストールして的なメッセージがでるので
対応してるJDKインストールする

4. Jenkins起動

コマンド
$ brew services start jenkins

アクセスしてみる
http://localhost:8080/

初回はセットアップ画面が出るはず

5. Jenkinsセットアップ

アクセスするとパスワードを聞かれるので下記コマンドで確認
cat以降のパスはパスワードを聞いてくるページに記載されているのでそれを入力
(/jenkins/secrets/initialAdminPassword)こんな感じのやつ

コマンド
$ sudo cat [password]

プラグインのインストール画面になるので
無難に推奨のプラグイン(Install suggested plugins)をインストールする

あとはユーザーを作成して完了

ここまでくるとよく見る管理画面がでるはず!