Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@shiragamotohiro

コアダンプファイルの出力先ディレクトリとファイル名の変更

More than 3 years have passed since last update.

[したいこと]
 プロセスのコアダンプファイルの出力先ディレクトリとファイル名を変更したい

一時的に変更する場合(OS再起動で変更は破棄される)

以下のファイルにコアダンプファイルの出力先とファイル名を設定する
[設定ファイル]
 /proc/sys/kernel/core_pattern
[設定例]
 $ echo "/hoge/core_%e_%p" > /proc/sys/kernel/core_pattern
[参考リンク]
 Man Page of CORE

永続的な変更をする場合(OS再起動しても有効)

以下のファイルにコアダンプファイルの出力先とファイル名を設定する
[設定ファイル]
 /etc/sysctl.conf
[設定例]
 以下の行を追加
 kernel.core_pattern=/hoge/core_%e_%p
[設定を有効にするには]
 以下のいずれかを実行する
 1. OS再起動
 2. # /sbin/sysctl -p

  • ただし、RHEL6の場合は、自動バグ報告ツールがkernel.core_patternを勝手に書き換えるため、/etc/abrt/abrt.confファイルのDumpLocationパラメタを設定する

[参考リンク]
 sysctl コマンドの使用
 RHEL6で、起動時に kernel.core_pattern パラメーターが上書きされます
 自動バグ報告ツール (ABRT)

3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?