LoginSignup
2

More than 3 years have passed since last update.

Cloud Pub/Subのリージョン間通信費用にご用心

Last updated at Posted at 2020-12-03

Cloud Pub/Subはリージョンに依存しないサービスですが、使い方によってはリージョンを考慮する必要があります。
その1つの例がリージョン間通信費用です。

以下のような構成で東京リージョンのApp EngineからUSリージョンのCloud Dataflowにデータを転送していました。

Untitled Diagram (10).png

そのプロジェクトのBilling Dashboardを見ると、少し違和感のある項目が見つかりました。
Cloud Pub/Subのリージョン間転送費用が加算されていたのです。
Cloud Pub/Subはリージョンに依存しないサービスであるため、この項目には違和感がありました。

image.png

Pub/Subの利用料金のページをよく見ると、これに該当する項目が見つかりました。

The fees for internet egress and message delivery between Google Cloud regions are consistent with the Compute Engine network rates

Cloud Pub/SubにPublishしたリージョンとSubscribeしたリージョンが異なる場合は、GCEと同等のレートで課金が発生します。
今回の例は東京→USなので、以下のページの「Egress to a Google Cloud region on another continent (excludes Oceania)」に該当します。
1GBを転送する毎に0.08 USBの課金が発生します。
転送するデータ量が少ないうちは無視できる金額ですが、TB級のデータをCloud Pub/Subで転送するときには気にする必要がありそうです。

場合によっては2回課金されるケースもある

トピックにストレージポリシーを設定している場合は、さらなる注意が必要です。
https://cloud.google.com/pubsub/docs/resource-location-restriction

この場合は以下の3つのリージョンが登場することになり、場合によって1→2と2→3の2回でリージョン間転送費用が課金されます。

  1. PublisherからのPublishリクエストを受けとるリージョン
  2. ストレージポリシーで許可されているリージョン
  3. SubscriberからSubscribeリクエストを受け取るリージョン

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
2