Ruby
Rails
CentOS
環境構築

rails環境構築(CentOS + ruby on rails)

More than 3 years have passed since last update.

1.gitインストール

$ yum install git

2.パッケージインストール

$ yum install gcc-c++ glibc-headers openssl-devel readline libyaml-devel readline-devel zlib zlib-devel

3.rubyインストール

rbenvインストール

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git /usr/local/rbenv # <-※1
$ echo 'export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"' >> /etc/profile # <-※2
$ echo 'export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"' >> /etc/profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> /etc/profile

※1 各ユーザで使用する場合は ~/.rbenv 配下
※2 各ユーザで使用する場合は ~/.bash_profile
# いったんターミナル閉じたあとバージョン確認

$ rbenv --version

ruby-buildインストール

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git /usr/local/rbenv/plugins/ruby-build

rubyインストール

# インストール対象を確認しインストール

$ rbenv install -l
$ rbenv install -v 2.1.2
$ rbenv rehash

# 使用するバージョンを設定

$ rbenv global 2.1.2

# バージョン確認

$ ruby -v

railsインストール

$ gem update --system
$ gem install --no-ri --no-rdoc rails
$ gem install bundler
$ rbenv rehash

# バージョン確認

$ rails -v

4.railsサンプルアプリ作成

# アプリ用ユーザ作成

$ useradd -m rails

# サンプルアプリ作成

$ su - rails
$ cd ~
$ rails new sample --skip-bundle

# Gemfileの設定(therubyracerの行をコメントイン)

$ cd ~/sample/
$ vim Gemfile

# Gemfileより該当gemのインストール

$ bundle install --path=~/sample/vendor/bundle

# WEBrick起動

$ rails s

# http://ホスト名(or IP):3000にアクセス

"Welcome aboard"ページが表示されることを確認。

# WEBrick停止

ctrl + c