Help us understand the problem. What is going on with this article?

GASでライブラリを作る

More than 1 year has passed since last update.

前回、GASで短縮URLを作成する方法に関して書いたのですが、短縮URLを作成する作業は別のシートやGoogleフォームから送られたURLを短縮したいなどの需要があるときに、毎回コピペするのも面倒だと思うので、公式ページを見ながらライブラリにして流用できるようにしてみます。

手順

1. ライブラリにするスクリプトを作成する

Google Apps Scriptを新規で立ち上げます。

tejun1.png

立ち上がった画面でライブラリにしたいスクリプトを書きます。

/**
* bitlyで短縮URLを作成する。
*
* @param 短縮したいURL
* @return 短縮されたURL
*/
function makeBitlyShortUrl(longUrl) {

  const ACCESS_TOKEN = 'Bitlyで取得したアクセストークを記述';
  const ACCESS_URL   = 'https://api-ssl.bitly.com/v4/shorten';

  var payload = {
      'long_url': longUrl,
  };

  var headers = {
      'Authorization' : 'Bearer ' + ACCESS_TOKEN,
      'Content-Type': 'application/json',
  }

  var options = {
      "method"      : 'POST',
      'headers'     : headers,
      'payload'     : JSON.stringify(payload),
  }

  var response = UrlFetchApp.fetch(ACCESS_URL, options);
  var content = response.getContentText("UTF-8");
  return JSON.parse(content).link;
}

2.ライブラリとして登録する

ヘッダーメニューから公開を選択し、実行可能APIとして導入をクリック。

スクリーンショット 2018-12-18 16.54.23.png

クリック後に、以下のポップアップが表示されるので、バージョンの説明とアクセス権限を選び、配置をクリックすると、登録が完了します。

スクリーンショット 2018-12-18 17.42.00.png

次に出るポップアップに表示されるAPI IDは呼び出し側のGoogle Apps Scriptで利用します。

スクリーンショット 2018-12-18 17.47.05.png

3.ライブラリを利用する

Google Apps Scriptを新規で立ち上げる or すでに利用されている GASの編集画面を立ち上げて
ヘッダーメニューから、リソースを選択し、ライブラリをクリック。

スクリーンショット 2018-12-18 17.55.49.png

立ち上がったポップアップで、ライブラリに追加の横にあるフィールドに 2で表示された、 API ID を入力して追加をクリック。
読み取れると、ポップアップの上部に今回作成したライブラリが追加される。
バージョンの選択し、識別子を入力して保存をクリック。

※ 呼び出し側のスクリプトでは識別子に入力された値を使って、メソッドをコールします。

スクリーンショット 2018-12-18 18.04.16.png

これで準備が整ったので、スクリプト側でライブラリに定義された、識別子+ . を入力するとライブラリ側で定義したメソッド名が保管され表示されます。

スクリーンショット 2018-12-18 18.30.00.png

これで、ライブラリの作成と呼び出しは完了です!
GASのレベルをあげて色々と業務に役立つツールを作っていきたいです!

以上、明日もよろしくおねがいします!

loco-partners-inc
宿泊予約サービス「Relux」(https://rlx.jp)を運営する企業です。
http://loco-partners.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした