Perl入学式

Perl入学式で使える?最小の開発環境

More than 1 year has passed since last update.

低スペックのノートパソコンで、Perl入学式(2017)をどうにかこなす方法はないかと熟慮に熟慮を重ねて、現時点での解を作ってみました。


  • 仮想化環境は Virtual Box

  • Linux環境は CentOS6.9 32bit

  • ターミナルは RLogin

  • エディタは Notepad++

Linux仮想マシンのメモリが256MBで収められるので、メモリ1GB程度のPCでも、これで何とかなるかな~という感じです。


Linux仮想マシン

ストレージは3GBの可変サイズに設定。インストール時は少し多い目(512~768MB)のメモリを割り当てた状態で、CentOS6.9のminimumインストールを実行します。

インストールを完了後に、メモリを256MBに削減してください。

なお、素の状態ではperlが入っていなかったので、$yum install perl でインストールを実施。この先のカリキュラムによっては他にもインストールが必要になるかもしれませんが、とりあえずこのまま進めましょう。

なお、ネットワーク関連は以下のように設定。


/etc/resolv.conf

nameserver 192.168.1.1



/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

DEVICE=eth1

HWADDR=[特に変更しない]
TYPE=Ethernet
UUID=[特に変更しない]
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.56.129
NETMASK=255.255.255.0

仮想化環境側では、ネットワークアダプタを以下のように設定してください。


  • アダプタ1をブリッジアダプターに設定。

  • アダプタ2にホストオンリーアダプターを設定。


ターミナル

パスワードを覚えてくれる方が楽だし、外に出ないのでRLoginを使うと便利。

RLoginダウンロード

RLogin説明


エディタ

viでソースを書くのがダルいので、sftp拡張があるエディタとして Notepad++がお勧めです。

[プラグイン]メニューから、[NppFTP] → [Show NppFTP Window]を選び、表示されたウインドウから[Settings]→[Profile settings]を選ぶと、以下のダイアログが開きます。

20170605_204259#00.png

ここでIPやログインIDとパスワードを設定すると、ディレクトリ一覧が表示され、新規のディレクトリの作成やファイルの作成が簡単にできます。


あとがき

一応、ovaファイルを用意しているので、差し支えなければそのうち配布したいなあ、と思っています。