Help us understand the problem. What is going on with this article?

ファイル操作

import os
import pathlib
import glob
import shutil

print(os.path.exists('test.txt'))
#test.txtが存在するかどうか判定する。
#存在すればtrue、存在しなければ、falseをかえす。
print(os.path.isfile('test.txt'))
#test.txtがファイルかどうか判定する。
#ファルであればtrue、存在しなければ、falseをかえす。
print(os.path.isdir('design'))
#designがディレクトリであるかどうか判定する。
#ディレクトリであればtrue、ディレクトリなければ、falseをかえす。

os.rename('test.txt', 'renamed.txt')
#test.txtをrenamed.txtに名前を変更する。
os.symlink('renamed.txt', 'symlink.txt')
#renamed.txtをsymlink.txtと同期させる。
#renamed.txtの中身を変更すると
#symlink.txtの中身もrenamed.txtと同じに変更される。
#逆も然り。

os.mkdir('test_dir')
#test_dirというディレクトリをつくる。
os.rmdir('test_dir')
#test_dirというディレクトリを削除する。(中身が入っている場合、削除不可)

pathlib.Path('empty.txt').touch()
#empty.txtというファイルをつくる。
os.remove('empty.txt')
#empty.txtというファイルを削除する。

os.mkdir('test_dir')
#test_dirというディレクトリをつくる。
os.mkdir(r'test_dir\test_dir2')
#test_dir2というディレクトリをtest_dirの中につくる。
print(os.listdir('test_dir'))
#test_dirの中にあるデイレクトリを出力させる。

pathlib.Path(r'test_dir\test_dir2\empty.txt').touch()
#test_dirディレクトリの中にあるtest_dir2ディレクトリの中にempty.txtというファイルをつくる。

shutil.copy(r'test_dir\test_dir2\empty.txt',
            r'test_dir\test_dir2\empty2.txt')
#test_dirディレクトリの中にあるtest_dir2ディレクトリの中にempty.txtファイルを
#test_dirディレクトリの中にあるtest_dir2ディレクトリの中にempty2.txtという名でコピーする。

print(glob.glob(r'test_dir\test_dir2\*'))
#test_dir2の中にあるものを出力させる。

shutil.rmtree('test_dir')
#test_dirを削除する(中身が入っていても削除可能)

print(os.getcwd())
#ディレクトリの位置を出力させる。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした