Edited at

【機械学習超入門】chainerでサンプルコードを動かすまで

More than 3 years have passed since last update.


0. 前提条件

pyenvを用いてpythonのversionを管理しています。pyenvに関してはこちらを参考にしてください。本文で用いるpythonのversionは以下の通りです。

python --version

>> Python 2.7.9 :: Anaconda 2.1.0 (x86_64)


1. 対象者


  • 機械学習を初めて学ぶ方

  • 機械学習のコードに触れてみたい方

  • 機械学習を実際に動かしてみたい方


2. chainerのインストール

インストールは簡単です。

(詳しくは chainer公式リポジトリをご覧ください)

下記コマンドをターミナルで打ちます。

pip install chainer

(ちなみにですが、python環境を整えるにはこちらを参照ください)

画像処理を行う際にはGPU(Graphics Processing Unit)を用いることで高速演算を可能にします。

(機械学習とGPUについてはこちらが詳しいです)

GPUを用いるには、CUDAをインストールします(インストールしなくても問題はありません)。

pip install chainer-cuda-deps

サンプルコードを動かすためには、公式レポジトリから git cloneしてください。


3. サンプルコードを動かしてみる

上述の公式レポジトリからサンプルコードをダウンロードします。chainer/examples/mnistのディレクトリにMNISTデータセットを用いたサンプルコードがあります。

MNISTデータセットとは、0 から 9 までの手書きの数字 70000 点を収録したデータセットです。

python train_mnist.py

上記コマンドを該当ディレクトリで打つとサンプルコードが走ります。

早くサンプルコードの結果を見たい方は

n_epoch = 20

上記のlearning_loopを減らすことをおすすめします。


4. おまけ:chainer解説サイトまとめ