Help us understand the problem. What is going on with this article?

Atomエディタ:BigQuery SQL シンタックスハイライト・スニペットを適用する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

BigQueryのWebUIは、ある程度はSQLを快適に記述できるように実装されています。
しかしながら、エディタとしての使い勝手は決して十分とは言えません。

そこで、AtomエディタでBigQuery SQLのシンタックスハイライトと、スニペットによりコードを補完するパッケージ language-sql-bigquery を作成しました。

この記事では、パッケージの特徴とインストール方法、使い方を簡単に説明します。

BigQuery SQL Atomパッケージ概要

パッケージ名・URL

language-sql-bigquery
https://atom.io/packages/language-sql-bigquery

特徴

  • Google BigQuery の SQL をシンタックスハイライトします。
  • 標準SQL(スタンダートSQL)レガシーSQLの両方をサポートしています。
  • レガシーSQLにしかない関数は、それが分かるように別のハイライトを組み込んでいます。
  • コードスニペットは、クエリ(SQL)・DML・DDLの雛形、標準SQLの関数を実装しています。

インストール方法

  1. Atom > Preferences > Install タブを開いてください。
  2. language-sql-bigquery を検索してください。
  3. Install ボタンをクリックすると、インストールが完了します。

使用方法

使い方は簡単です。Grammarを変更するだけで、 language-sql-bigquery を利用することができます。

  1. メニューより、Edit > Select Grammar を選択してください。
    • 他の方法
      • ショートカットキー ctrl-shift-L があります。
      • ステータスバーをクリックしても選択できます。(SQL, PlainTextなどと表示されている右下の箇所です)
  2. パレット(入力エリア)から SQL (BigQuery) を選択してください。
    sql, bigquery, sql bigなど一部の文字列を入力するだけで候補が絞り込まれます。
  3. ステータスバーに SQL (BigQuery) と表示されていることを確認してください。
  4. 以上で使用開始できるようになりました。

最後に

BigQueryは使い方さえ間違えなければ、安く、簡単にデータを集積し、高速に分析することができます。
データウェアハウス(DMP、最近はCDPなんて呼ばれますね)のプラットフォームでお悩みの方には、自信を持ってお勧めできるプロダクトです。
(もちろん、BigQueryが最善かは、ビジネス要件・技術要件などと照らし合わせて、決めるべきなのは承知の上!)

BigQueryをお使いの方は、是非、このAtomパッケージをお使いいただけるとうれしいです!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away