Edited at

MacでEmacsに入門する#1 インストール編

More than 3 years have passed since last update.

コンソール環境でのエディタには今までなんとなくVimを使ってきたが、Emacsも使ってみようと思ったので入門してみる。


インストール

Macには最初からEmacsが入っているが、バージョンが古い(Yosemite で22.1.1)のでHomebrewから最新バージョンをインストールする。

ビルドオプションは以下を指定するのが一般的っぽい。

brew install emacs --cocoa --with-gnutls

--cocoaはEmacs Cocoaバージョンをビルドする。Emacs.appが生成され単体アプリとしても起動可能になる。brew linkappsで/Applicationsにシンボリックリンクされる。

--with-gnutlsはGnuTLSサポートを付けてビルドする。


GnuTLS サポート

GnuTLS は SSL/TLSプロトコルの実装の一つです。

GnuTLS がインストールされた環境でコンパイルすると Emacs ネイティブで SSL/TLS な通信が可能になります。


Emacs24 のインストールと新機能 : 紹介マニア


日本語入力問題

VimもそうだけどEmacsもやっぱり日本語入力と相性が悪い。IMEオン時にコマンドを打つとIMEにとられて変換中文字になってしまう問題がある(以前は日本語入力自体ができなかったようだが、現在は可能)。

これはinline-patchを当てると改善できる。Emacs上にIMEのステータスを表示したり、Emacsから日本語入力のON/OFFができる機能もついているので、日本語環境ではこのパッチを当てるのが一般的。inline-patch配布サイトからパッチ適用済みバイナリのダウンロードもできる。

Homebrewでも最近inline-patchオプションが取り込まれたが、24.4で動作しなかったらしく削除されてしまった。24.3では--japaneseオプションをつければinline-patchを適用できた。再度取り込まれてほしい。

brew install emacs --cocoa --with-gnutls --japanese

ただし改善されるのはアプリ単体起動のとき。(なにか設定すればターミナルから起動した場合でもいける?)

自分は普段使いはAtomなのでEmacsはターミナルでの使用がメインになるため、inline-patchはあればいいけどこだわらない方針にした。


結局何を使うか


  1. 再度inline-patchオプションが取り込まれる、もしくはパッチ不要ならHomebrewが楽。

  2. inline-patchが必要ならinline-patch適用済みバイナリをダウンロードするのが一番手っ取り早い。

自分はHomebrewでインストールすることにした。

ほかにも色々なforkがあるようだが、これ以外はゆとりEmacs使いとしては考えないほうが懸命と感じた。


次回

基本操作を覚えて設定をする。