search
LoginSignup
12

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Evernote や OneNote の代わりに DEVONthink

ノートアプリの定番として、Evernote がありました。最近だと、OneNote が使えます。Mac でも Windows でも Webでも、という形でマルチプラットフォームで使えて素晴らしいのですが、それぞれ弱点があります。

筆者は、今回のEvernoteの騒ぎの前から、他のアプリへの移行を進めていたのですが、今回、Evernoteを完全廃止し、OneNoteと併用する形で、DEVONthinkに移行しました。

Evernoteの代わりに、DEVONthinkを使うのは、特定の筋には強くオススメでききるので、ここでは、経緯と利点欠点について、ざっくりと、まとめておきたいと思います。

筆者のノートテークアプリの使い方

基本的に、ノートというよりは、Web Clipperのストレージとして使っている側面が強くて、80% がWebのクリッピング、15%が、メールなどでやってきたファイルとか、スキャンしたドキュメントをファイルする場所、あと 5% がメモという感じです。

デバイスとしては、Mac複数台、iPad と iPhone と AppleWatch を常時使っている感じで、AppleWatchはともかく、他のデバイスは適切に同期していないと困ります。

Evernote の強みと弱み

Evernote の強みは、どこでも使えること、1年単位の支払いで、ほぼ無制限に使える事に尽きるとおもいます。
また、同期が、ほぼ安定していることも良い点です。

一方、弱点は、個人的な理由でありますが、運営組織に対する信頼感の低下と、技術力という点の以前からの不安です。

信頼感については、ここ暫くで起こった事と、かつて起こった、収益性の確保からの様々な動きなどから来る総合的なものです。すくなくとも、lock-in されている状態は危険だと思っていました。

技術的には、 最近は落ち着いたけれど、WebClipperの動作が不安定だったこと、ある時期に、技術的な問題で同期が失敗する時間が継続して起こっていたこと(これは、サポートとやりとりして、最終的には解決)等です。

OneNote の強みと弱み

OneNote の強さは、同じく(今や)マルチプラットフォームになっこと、iPad のノートテークアプリとして、ペンも使えて便利なのは特筆に値します。

弱点は、4点。一つ目は、OneDriveに依存してるためか、同期が不安定かつ遅いこと。いつまで同期がかかるのか、さっぱり読めません。
二つ目は、Webのクリッピングで、クリップ後にテキスト選択できないのが痛いこと、iOS でクリップすると、スマホでのページサイズでクリップされてしまうこと、クリップフォーマットが他に無いことです。三つめの弱点は、一つ目と関係しますが、数百程度のエントリを作っただけで、ちっとも同期されなくなる点です。4つめの弱点は、ノートブック単位での管理で、ノートブックが多くなったり、ノートブック内のタブが多くなったりした場合に、非常に使い勝手が悪い点です。

DEVONthink

一ヶ月ほど前に、DEVONthink の使い方についてのebookが出ていることに気づき、これを使うのもありかなということで、検討を始めました。昔から、何度かトライしようかと思いつつ、それなりの値段するので躊躇してました。試しに使ってみたところ、すくなくとも Web Clip するには最高で、Evernote も OneNote (Evernote経由)もファイルをインポートできるので、最終的にコレに乗り換えました。

使い出して、まだ一月弱なので、使いこなしているとはとても言えない状態ですが、利点と思ったところを列挙します

  • Safari, Chrome, Firefox 用のextensionがあって、WebArchive 形式、URL、テキスト等、様々な方式でクリップできる
  • Print ダイアログから、直接PDFを作ってインポートできる
  • Bookmarklet を使い、DEVONthink に PDF 生成させてクリップすることもできる
  • Import機能が充実している。インストールされて同期されているEvernoteから、丸ごとファイルをインポートできる
  • OCR 機能があり、ScanSnapから直接突っ込める。ただし、OCRは日本語サポートなし(残念)
  • データベースを複数作れる。データベース毎に同期設定が可能
  • データベース内に、階層フォルダを作れる。それと別にタグを付けられる。
  • 中にあるファイルには、メタ情報がついている。たとえば、ダウンロードしたファイルをDEVONthinkに突っ込むと、参照もとのURLがメタデータとして入る
  • 同期はDropbox, Box, CloudMe, WebDAVサーバ、iCloud 等から選べる。私はDropbox経由。トランザクションの過程をDropbox上に作り、DEVONthink自身がDropboxと直接通信し、同期する。Dropbox で同期されたファイルを直接いじることはないので、同期ポイントを Dropboxクライアントでは同期しないように設定することで、編集するたびに、Dropboxが同期するメッセージでイライラすることがない
  • フォルダをインデックス対象とすることができる(中身をコピーしないで済む)。 私の場合は、OmniOutlinerをメモにつかっているので、このファイルを入れているフォルダをインデックスしてます。便利
  • AppleScript で、Scriptableで、色々なスクリプトが提供されている。たとえば、iOSデバイスではURLをクリップしておき、Macで同期後にバッチでPDF変換とかが可能かつスクリプトが予め用意されている
  • Mail.app のエクステンションを入れると、Mail.appから、メールあるいはメールボックス単位で、インポートできる。インポートは、メールメッセージとして内部では扱われる(コレ故に、Mail.appを再び使うハメに)
  • インポートが安定している。Evernote -> DEVONthink は、とても安定動作しますが、一つづつノートを出力してインポートしているらしく、結構処理がシンドイです。なので、2000ノートぐらいづつインポートするのが無難に思いました。ただ、放置しておけば終わります。 OneNoteからは、一旦Evernoteにしてもってくるしかありません。Windows版のEvernoteにはOneNoteからのインポート機能があるので、それを使います。このためだけに別にアカウントを一つ掘って、一ヶ月分600円だけ課金してファイル移行しました。前のEvernote->OneNoteの地獄と考えると大変安定していて素晴らしい

欠点と思ったところ

  • MacとiOSのみで、Windows、Web で使えない
  • 同期は完全だが、iOSデバイスでの同期がちょっと時間かかるので鬱陶しい
  • お値段
  • ノートテークアプリとして考えると、少々貧弱かもしれない(機能は充分あるのだけど)
  • 暗号化機能が弱い

使い方については、別途まとめようとおもいますが、上記見てメリットあると思ったら、試しに使ってみると良いでしょう。
Macユーザで、かつ、Macと心中する覚悟があるなら、試す価値はあります。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
12