Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHub上のディレクトリをダウンロードする

More than 3 years have passed since last update.

もっとまとまっている記事がすでにありました。すみません!

=== 以上追記 ====

github上にある特定のディレクトリ以下のファイルを一括でダウンロードしたい時がたまにあります。
そんな時はgit clone --depth=1を使えばだいたい解決するんですが、そのコマンドすらも重いリポジトリってありますよね。

そんな場合は、svnコマンドでGitHubのリポジトリを操作すればできます。

やり方

こんな感じ。

svn export https://github.com/<ユーザー名>/<リポジトリ名>/branches/<ブランチ名>/<ディレクトリパス>

2段階認証をしている場合

privateなリポジトリにアクセスする場合、ユーザー名とパスワードを聞かれます。
通常はGitHubのユーザー名とパスワードで良いのですが、2段階認証をしている場合はちょっとめんどくさいです。

まずはPersonal access tokensにある「Generate new token」をクリックしてTokenを生成します。
Select scopesはrepoにチェックしておけばいいでしょう。

これで生成されたTokenをパスワードとして入力すればOKです。

注意点というか制約

  • svnが入っていることが必須
  • 429 Too Many Requestsがたまに出る
  • git-lfsは無理っぽい

制約が多いので使いドコロがあるか微妙ですね。。。

参考URL

git export from github remote repository - stackoverflow

shibukk
東京で AWS と Rails をちょっとだけやっています。あと GCP も。
https://www.flickr.com/photos/158672816@N06/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした