0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

RailwayでDiscord Botをホストしてみた

RailwayというサービスでDiscord Botをホストしてみました。

登録

メール、またはGitHub連携で登録するようです。
Loginが登録も兼ねてるのが地味に判りづらい。

デプロイ


Dashboardに飛び、New Projectボタンを押します。



GitHub連携でユーザーのリポからデプロイできるので、今回はそれでデプロイします。
https://github.com/sevenc-nanashi/BCDice4d



リポの名前を入れると良い感じに候補で出してくれました。



環境変数を設定する必要があるのでAdd variablesで進めます。



環境変数を設定する画面に進みました。この時、.env.sampleがあると良い感じに追加候補で出してくれます。



登録したら、Settingsで開始コマンドを設定します。(Procfileがあるとそれを認識するようです。)再デプロイを待てば完了です。

動かしてみて

楽。Herokuからの乗り換えとして良い感じかも知れません。

また、1つのシンプルなBotだと月0.25$ほどで、無料枠が5$(クレカ登録で10$まで、ただし使いすぎると請求される)なので単純計算で無料で12個くらいホストできる計算になります。

ちなみにPricingにDiscord Botが3$と書いてありますが、PostgresやRedisも入っているのであまり参考にならないかも。

最後に

Procfileを読み込んでくれる上、DBクライアントも提供しているので、Herokuから乗り換えても良いかもしれません。
最後まで読んで下さりありがとうございました。

ちなみに

この記事のBot(BCDice4d)discorbで作られています。使って下さると喜びます(バグ報告も)。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?