Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntuのアップデートをシェルスクリプトにしてみた

More than 1 year has passed since last update.

きっかけ

毎回アプデのたびに
sudo apt update
sudo apt upgrade
するのがめんどくさくなったから作ってみました。
ついでにsudo apt autoremoveしてくれるといいなー的な
あとどのぐらい処理に時間かかったのかも気になるナー

環境

  • Ubuntu 18.04LTS (Bionic Beaver)
  • GNU bash, バージョン 4.4.19(1)-release (x86_64-pc-linux-gnu)
  • apt (1.6.3)

コード

update.sh
#!/bin/bash
SECONDS=0
echo updateします...
sudo apt update
echo update完了...
echo upgradeします...
sudo apt upgrade
echo upgrade完了...
echo autoremoveします...
sudo apt -y autoremove
echo remove完了...
time=$SECONDS
echo $time"秒かかりました。"
echo 完了

解説

SECOND=0

#いろんな処理

time=$SECONDS
echo $time

このように書くと処理にかかった時間を計れるらしい。
bashのSECONDS変数で簡単に処理時間を測定する(Qiita)

自分はアプデ対象のものが何かを確認したかったのでsudo apt upgradeには-yオプション(これつけるとyとかエンターするのが省ける)をつけていません。
それ以外は自動でやって欲しいので-yをつけました。
あと、単に自動で処理するのも味気ないのでなんかメッセージみたいなのつけてみました(笑)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away