Eclipse
Plugin
Eclipseプラグイン

Eclipseプラグイン開発時のデバッグとビルド方法

More than 3 years have passed since last update.

Eclipseプラグイン開発の小ネタ

開発したプラグインの実行・デバッグ

プロジェクトルートのplugin.xmlを『プラグインのマニフェスト・エディター』で開き、概要タブなどの右上にあるいつもの実行ボタンとデバッグボタンから、作成したプラグインの試験ができる。

image

ボタンを押下すると、作成したプラグイン機能を持ったEclipseが立ち上がるので、そのEclipse上でプラグインの動作を確認することになる。

開発したプラグインのビルド

開発が終わったら、同じく上記図の右上にある、デバッグボタン(虫ボタン)の右の「デプロイ可能なプラグインおよびフラグメントのエクスポート」ボタンから、jarファイルを作成することが可能である。

image

指定したディレクトリ配下にpluginsフォルダが作成され、その配下に作成したプラグインのjarファイルが配置される。