Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
13
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

[CentOS][Linux] oVirt 4.1で始める楽々仮想マシン管理

はじめに

小規模ながらもプライベートクラウドの運用なんてことをしますと、ユーザ(社員)にもっと手軽に使ってもらいたいという欲求が出てきます。

  • 仮想マシンのデプロイを簡単にしたい
  • 案件ごとにネットワークを分離したい
  • 教える手間なくやりたい

CloudStack、OpenStackなんてのがあるらしいのですが、どうも難しそうなのでoVirtを試してみることにしました。

序章

oVirtを始めるのに用意するもの

以下のようなものを用意しないといけないです。

  • oVirt Engineとそれを動かすマシン 1
  • oVirt Engineクライアント(Webブラウザ、JavaScript速くないとつらいので、Chromeおすすめ)
  • 仮想マシンホスト(OSは、oVirt Node、Fedora、CentOSが選べます)
  • ストレージとネットワーク

順番にやっていきます。

oVirt Engineを動かすマシン

CentOS 7をインストールしました。

DNSがちゃんと構成されていないと、何やら具合が悪いという話です。

oVirt Engineのインストール

http://www.ovirt.org/download/ に書いてある手順に従いました。

レポジトリの設定をインストールし、ovirt-engineをインストールします。

# yum install http://resources.ovirt.org/pub/yum-repo/ovirt-release41.rpm
# yum install ovirt-engine

oVirt Engineを構成するために、以下のようにコマンドを実行します。

# engine-setup

構成が終わると、Webブラウザから接続できるようになります。

仮想マシンホスト

oVirt Node、Fedora、CentOSが使えます。自分はCentOS 7を使うことにしました。

oVirtレポジトリのインストール

OSのインストールが終わったら、レポジトリの設定をインストールします。

# yum install http://resources.ovirt.org/pub/yum-repo/ovirt-release41.rpm

firewallの構成

oVirtは複数のポートを使用するそうです。

eno1 インターフェースを通るパケットは全許可にしました。2

# firewall-cmd --permanent --zone=trusted --add-interface=eno1

oVirt Engineへ接続

Webブラウザを立ち上げて、oVirt Engineが動くマシンへ接続します。

オレオレ証明書なので、セキュリティの警告が出ますが、そのあたりはよしなに。

日本語表示もできるみたいです。いいねぇ。

ovirt-01.png

管理ポータルへログインします。

ovirt-02.png

こんなん表示されました。

仮想マシンホストを追加

データセンター > Default > クラスター > Default > ホストと辿り、[新規作成]をクリックします。

ホストの名前、ホストのアドレス、rootユーザのパスワード3を入力します。

ちなみにoVirt Node OSの場合は、手動追加しなくても、自動で発見追加されるそうです。すごいね。

仮想ホストを追加すると、必要なソフトウェアやらなんやら一式設定されます。楽ちんすぎ。

ストレージを追加

以下のドメイン機能を持ったストレージを追加できます。

  • Data 仮想マシンを置くところです。
  • ISO ISOイメージを置くところです。インストール時に使います。
  • Export マイグレーションやらなんやらで、OVFを吐き出したりする先として使います。

このうち、最初のDataドメインは必須のものになります。

Dataドメインを追加

既存のNFS共有をDataドメインとして追加しました。

NFS共有にはホストから接続できればよく、エンジンからは接続できなくてもいいみたいです。

共有の中身は空っぽである必要があります。

NFS共有の設定

NFS共有は次のようになっている必要があるようです。

  • uid: 36
  • gid: 36
  • パーミッション: 0755

NFS以外のストレージ

NFS以外には、ローカルのファイルシステム、GlusterFS、iSCSI、ファイバチャネルが使えます。

ローカルのファイルシステムを使うのが簡単そうなところですが、データセンター全体の設定を変えるか、新しいデータセンターを作る必要があります。

ISOドメインを追加

ISOイメージを置くために、ISOドメインを追加しました。

エンジンからISOイメージをアップロードするときは、エンジンからアクセスできる場所になっている必要があります。

ISOイメージファイルをアップロード

ISOイメージファイルをISOドメインへアップロードします。アップロードにはengine-iso-uploaderというコマンドを使います。エンジンをインストールしたマシンに入っています。

注意事項

ISOドメインがNFSの場合、engine-iso-uploaderコマンドを動かすマシンにNFSマウントできる必要があります。

仮想ホスト上のNFS共有を使う場合、iptablesで塞がれていないか確認してください。

アップロード手順

まずストレージ名を確認します。

# engine-iso-uploader list

確認したストレージに対してファイルをアップロードします。

# engine-iso-uploader -i [ストレージ名] [ISOファイル名]...

ゲスト用のISOファイルをアップロード

ゲスト用エージェントが入ったISOファイルをアップロードします。

# yum install ovirt-guest-tools-iso

/usr/share/ovirt-guest-tools-isoにあるisoファイルをアップロードします。

# cd /usr/share/ovirt-guest-tools-iso
# engine-iso-uploader -i [ストレージ名] upload oVirt-toolsSetup_4.1-3.fc24.iso

Windows用のドライバをアップロード

Windows用の仮想デバイスドライバもアップロードしておきます。

# yum install virtio-win

/usr/share/virtio-winにあるファイルをアップロードします。`

# cd /usr/share/virtio-win
# engine-iso-uploader -i [ストレージ名] upload virtio-win-0.1.126.iso virtio-win-0.1.126_amd64.vfd virtio-win-0.1.126_x86.vfd



  1. oVirtで立てた仮想マシンの上にoVirt Engineをインストールしたいなぁなんて考えていたのですけれど、鶏と卵でしたね :stuck_out_tongue_winking_eye: 

  2. どうもfirewallも自動で設定される様子なので、この手順は不要かもしれません。 

  3. ssh公開鍵で接続できるはずなのですが、パスワードを入力しないと作成できませんでした。 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
13
Help us understand the problem. What are the problem?