search
LoginSignup
5

More than 5 years have passed since last update.

posted at

[CentOS 7][KVM] virt-installの典型的(?)な使用例

典型的(?)な使い方

CentOS 7仮想マシンの作成

こんな条件で作成する場合のコマンド例です。

  • CPU: ホストそのままを使う
  • メモリ: 1024MB
  • 画面: 外部からSPICEで接続、コンソールへ自動接続しない(virt-viewerを起動しない)
  • ネットワーク: ホストのIPアドレスを使ってNAT接続、準仮想化
  • ISOファイルからインストール
  • OSの種類はCentOS 7.0
  • ディスク: ストレージプールから割り当て、容量10GB、準仮想化、ファイル形式はraw
virt-install --name guest1\
 --cpu host\
 --memory 1024\
 --graphics spice,listen=0.0.0.0\
 --noautoconsole
 --network network=default,model=virtio
 --location /var/lib/libvirt/images/CentOS-7-x86_64-DVD-1511.iso\
 --os-variant centos7.0\
 --disk pool=default,size=10,bus=virtio,format=raw

Windows仮想ディスクをインポート

  • CPU: Core2Duoをエミュレート(Windows 10だとこれがよいみたい)
  • メモリ: 1024MB
  • 画面: 外部からSPICEで接続、コンソールへ自動接続しない(virt-viewerを起動しない)
  • ネットワーク: macvtapを使ってホストデバイスへ直接続
  • ディスク: 既存ディスクイメージファイルを使用
  • OSの種類はWindwos 8.1
virt-install --name guest1\
 --cpu core2duo\
 --memory 1024\
 --graphics spice,listen=0.0.0.0\
 --network type=direct,source=ens32\
 --disk path=/var/lib/libvirt/tmp/cpa647ss.raw,bus=sata\
 --import\
 --os-variant win8.1\
 --noautoconsole

各オプションの説明

--name NAME

仮想マシン名です。

--memory 数字

メモリ容量です。単位はMiBです。

--cpu MODEL[,+feature][,-feature][,match=MATCH][,vendor=VENDOR]

CPUモデルと機能の使用可/不可を指定します。ホストをそのまま見せるときはhostにします。

--graphics TYPE,opt1=arg1,opt2=arg2,...

TYPEはvnc、spice、noneを指定できます。

オプションの主なところはこんなんがあります。

オプション 説明
port ポート番号
listen リッスンするIPアドレスです。未指定だとlocalhostになります。
password VNCのパスワードです。

--os-variant

OSの種類です。

osinfo-query osコマンドで使用できるOSが一覧できます。

--graphics

オプション 説明
listen

--network

オプション 説明
model

--location

--disk

オプション 説明
model

--noautoconsole

コンソールを開始しません。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
5