PHP
Symfony
doctrine
Symfony2
Silex

[PHP][Silex][Doctrine] Silex 2へDoctrine ORMを導入する

More than 1 year has passed since last update.

Silex 2にはDoctrine DBALが同梱されていますが、やっぱりORMでプログラム書きたいので、Doctrine ORMを導入します。

導入手順

ステップ 1 - Doctrine ORMの導入

まずDoctrine ORMをcomposerで入れます。

% php composer.phar require doctrine/orm symfony/yaml

ステップ 2 - サービスプロバイダの導入

ありがたいことにDoctrine ORMをSilexのDIコンテナに載せてくれるサービスプロバイダが公開されていますので、それを導入します。

Doctrine ORM Service Provider → https://github.com/dflydev/dflydev-doctrine-orm-service-provider

% php composer.phar require dflydev/doctrine-orm-service-provider

ステップ 3 - 設定ファイルの作成

doctrineコマンドラインツールを使うための設定ファイル

vendor/bin/doctrine コマンドを使うための設定ファイルを作成します。
設定ファル内でDoctrineのEntity Managerを生成します。

config/cli-config.php
use Doctrine\ORM\Tools\Console\ConsoleRunner;

// replace with file to your own project bootstrap
require_once dirname(__DIR__).'/src/app.php';
require_once 'dev.php';

// replace with mechanism to retrieve EntityManager in your app
$entityManager = $app['orm.em'];

Doctrine ORM Service Providerのおかげで、$app['orm.em']を参照するだけです。

データベース接続用の設定

Silexでも使うprod.phpdev.phpを編集します。

config\prod.php
// DBへの接続情報です。本番環境用です。
$app['db.options'] = array(
    'driver' => 'pdo_mysql',
    'dbname' => 'mm',
    'host'   => 'localhost',
    'user'   => 'mm_user',
    'password' => 'mm_pass'
);

// Doctrine ORMの設定です。
// マッピングの定義方法(ここでは「annotation」を選んでます)
// エンティティのネームスペース
// エンティティクラスファイルのあるパス
$app['orm.em.options'] = array(
    'mappings' => array(
        array(
            'type' => 'annotation',
            'namespace' => 'ML\Entity',
            'path' => dirname(__DIR__).'/src/MM/Entity'
        )
    )
);

// 生成するプロキシクラスファイルの置き場
$app['orm.proxies_dir'] = dirname(__DIR__).'/src/MM/Proxy';
config/dev.php
// 開発環境での接続設定です。
$app['db.options'] = array(
    'driver' => 'pdo_mysql',
    'dbname' => 'mm_dev',
    'host'   => 'localhost',
    'user'   => 'mm_user',
    'password' => 'mm_pass'
);

(休憩)

ここまでくれば、vendor/bin/doctrineコマンドが動くはずです。
試してみてください。

使い方

使い方 1 - エンティティクラスの作成

エンティティクラスを作成します。

例えば以下のような内容です。

src/MM/Entity/User.php
namespace MM\Entity;

/**
 * User Entity
 *
 * @Entity(repositoryClass="MM\Repository\UserRepository")
 * @Table(name="users")
 */
class User
{
    /**
     * ID
     *
     * @Id
     * @Column(type="guid")
     * @GeneratedValue(strategy="UUID")
     */
    private $uuid;

    /**
     * email
     *
     * @Column(type="string",length=512)
     */
    private $email;

    // (略)
}

setter/getterも必要に応じて定義します。

使い方 2 - レポジトリクラスの生成

doctrineコマンドを使います。

% ./vendor/bin/doctrine orm:generate-repositories src

レポジトリクラスが生成されます。
中身空っぽなので、使わなければ要らないです。

使い方 3 - テーブルの作成

データベースにテーブルを作成します。

% ./vendor/bin/doctrine orm:schema-tool:create

エンティティクラスを修正し、テーブルを更新するときはこのようにします。

% ./vendor/bin/doctrine orm:schema-tool:update --force