Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

マークアップ講座 Part3 デバイス最適化

More than 5 years have passed since last update.

デバイス最適化

スマートフォン端末

解像度

スマートフォン解像度

代表的な解像度

デバイス CSSピクセル(ブラウザピクセル) デバイスピクセル比 解像度 インチ
iPhone 6 Plus 414 ✕ 736 2.61(!!) 1080 ✕ 1920 5.5
iPhone 6 375 ✕ 667 2 750 ✕ 1334 4.7
iPhone 5S 320 ✕ 568 2 640 ✕ 1136 4
iPhone 5 320 ✕ 568 2 640 ✕ 1136 4
iPhone 4S 320 ✕ 480 2 640 ✕ 960 3.5
iPhone 4 320 ✕ 480 2 640 ✕ 960 3.5
iPhone 3GS 320 ✕ 480 1 320 ✕ 480 3.5
iPhone 3G 320 ✕ 480 1 320 ✕ 480 3.5
GALAXY Note 3 SC-01F 360 ✕ 640 3 1080 ✕ 1920 5.7
GALAXY S4 SC-04E 360 ✕ 640 3 1080 ✕ 1920 5
GALAXY S III SC-06D 360 ✕ 640 2 720 ✕ 1280 4.8
GALAXY S II 320 ✕ 533 1.5 480 ✕ 800 4.3
Nexus S 320 ✕ 533 1.5 480 ✕ 800 4
Xperia Z Ultra(ファブレット) 540 ✕ 918 2 1080 ✕ 1920 6.4
XPERIA A SO-04E 360 ✕ 598 2 720 ✕ 1280 4.6

タブレット解像度

代表的な解像度

デバイス CSSピクセル(ブラウザピクセル) デバイスピクセル比 解像度 インチ
iPad Air 768 ✕ 1024 2 1536 ✕ 2048 9.7
iPad 3 768 ✕ 1024 2 1536 ✕ 2048 9.7
iPad 768 ✕ 1024 1 768 ✕ 1024 9.7
iPad mini 768 ✕ 1024 1 768 ✕ 1024 7.9
Nexus 10 800 ✕ 1280 2 1600 ✕ 2560 10
Nexus 7 (2013) 600 ✕ 960 2 1200 ✕ 1920 7

Retinaディスプレイ(高精細ディスプレイ)

RetinaディスプレイはApple社の高精細ディスプレイ
高精細ディスプレイはデバイスピクセル比が1より大きいディスプレイのこと
 

Retinaディスプレイ向けデザイン

2014年現在、制作上おもに重要とされる高精細ディスプレイはスマートフォン、タブレット搭載のもの

※ PCの高精細ディスプレイへのデザイン対応はまだ一般的とは言えない
 

iPhone 5S、iPhone 5対応の場合

  • デザインカンプは短辺横640pxで作成
  • 短辺横320pxのリキッドレイアウトでマークアップ(※)
  • デザインの最小単位(最も細い罫線など)を2pxでデザイン

(※) 次項で説明
 

iPhone 6 Plus(予想)対応の場合

  • デザインカンプは短辺横1080pxで作成
  • 短辺横360pxのリキッドレイアウトでマークアップ(※)
  • デザインの最小単位(最も細い罫線など)を3pxでデザイン

※ iPhone 6 Plus発売後、徐々に3倍psdに移行することが予想される

(※) 次項で説明
 

スマートフォン・ブラウザ

browser 最新ver vendor engine
iOS Mobile Safari 7 Apple WebKit
iOS Chrome(ネイティブアプリ UIWebView) 36 Google WebKit
Android Mobile Safari(標準ブラウザ) 4 Apple WebKit
Android Mobile Safari - Chrome(新標準ブラウザ) 1(Chrome 18) Google WebKit
Android Chrome 36 Google Blink

※ 上記ブラウザが占めるモバイルブラウザシェア 約89% (2014年9月現在)
http://www.netmarketshare.com/
 

スマートフォン・マークアップ

スマートフォン・マークアップ実践

viewport

<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0,maximum-scale=1.0,user-scalable=no">
  • width=device-width

  • initial-scale=1.0

  • maximum-scale=1.0

  • user-scalable=no
     

width

ウィンドウの横幅を設定
device-widthにして端末毎のCSSピクセルのデフォルトの横幅に設定
 

initial-scale

デフォルト表示時の拡大率
1.0に設定して拡縮をさせない
 

maximum-scale

表示拡大率の最大値
1.0に設定して拡大表示を抑止
 

user-scalable

ピンチ動作の可否を設定
noに設定してピンチ動作を抑止
 

※ デバイスのorientation

ユーザーがスマートフォンを持っている時の位置
ポートレート(縦位置)とランドスケープ(横位置)

ユーザーの設定によりオリエンテーション変更は止めることができる

スマホブラウザではコンテンツ側からオリエンテーション変更を止めることはできない
 

format-detection

<meta name="format-detection" content="telephone=no,address=no,email=no">

自動的にリンクを生成する機能
不要な動作を防ぎたい場合はオフにしておく
 

画像表示 1 img要素の場合

短辺横640px(デバイスピクセル比2)のデザインカンプにおいて、画像の横幅値が200pxの画像の場合

■ HTML
<img src="sample.png" class="sample-image">

■ CSS
.sample-image {
  width: 100px;
}

CSSによって横幅値をデザインカンプの半分に表示されるよう設定する
 

画像表示 2 背景画像の場合

短辺横640px(デバイスピクセル比2)のデザインカンプにおいて、画像の縦・横幅値が200pxの正方形画像の場合

■ HTML
<div class="sample-block"></div>

■ CSS
.sample-block {
  width: 100px;
  height: 100px;
  background-image: url(sample.png);
  background-repeat: no-repeat;
  background-size: 100px 100px;
}

CSSによって縦・横幅値をデザインカンプの半分に表示されるよう設定する
 

スマートフォン最適化CSS

font

html {
  font-family: Helvetica, Roboto, 'Droid Sans', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', sans-serif;
}

font-familyの一例
 

text-size-adjust

html {
  -webkit-text-size-adjust: 100%;
}

ランドスケープ表示時にフォントが拡大されるのを抑止
 

tap-highlight-color

a {
  -webkit-tap-highlight-color: rgba(0, 0, 0, 0);
}

Androidにおいてタップ時に表示される枠を解消
 

break-all

* {
  word-break: break-all;
}

横幅表現に限りがあるスマートフォンにおける英文の表示トラブルを防止
 

画像最適化

減色・圧縮

ImageAlpha (Mac)

『ImageAlpha — image minifier (like JPEG with transparency!)』
http://pngmini.com/

Pngyu (Win、Mac)

『Pngyu』
http://nukesaq88.github.io/Pngyu/
 

適正化

ImageOptim (Mac)

『ImageOptim — better Save For Web』
http://imageoptim.com/

余分な情報をクリーンアップして軽量化
※ gruntに組み込むことも可能
 

ホームアイコン

ジェネレータ

『Makeappicon - Generate app icons of all sizes in a click!』
http://makeappicon.com/

1024✕1024で出力した画像(jpg, png, psd)をドラッグドロップ
 

ホームアイコンデザインの注意点

アイコンの角を丸めなくてもiOS側で角は丸められる
ただしAndroidでは直角のまま出力される

角を丸めてデザインする場合はテンプレートを利用する

『App Icon Template』
http://appicontemplate.com/
http://appicontemplate.com/ios7
 

ホームアイコンの設置

<link rel="apple-touch-icon" sizes="152x152" href="/icon/Icon-76@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="144x144" href="/icon/Icon-72@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="120x120" href="/icon/Icon-60@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="114x114" href="/icon/Icon@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="76x76" href="/icon/Icon-76.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="72x72" href="/icon/Icon-72.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="60x60" href="/icon/Icon-60.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="57x57" href="/icon/Icon.png">
<link rel="shortcut icon" href="/icon/favicon.ico">

※ 「favicon.ico」自作
16✕16pxのpngを出力し拡張子を.icoに変更
 

iOS6までの記述 「-precomposed」がiOS7で不要に

<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="152x152" href="/icon/Icon-76@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="144x144" href="/icon/Icon-72@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="120x120" href="/icon/Icon-60@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="114x114" href="/icon/Icon@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="76x76" href="/icon/Icon-76.png">
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="72x72" href="/icon/Icon-72.png">
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="60x60" href="/icon/Icon-60.png">
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="57x57" href="/icon/Icon.png">
<link rel="shortcut icon" href="/icon/favicon.ico">

iOS6までは rel="apple-touch-icon-precomposed" のように「-precomposed」接尾辞をつけて、アイコンに自動でかけられてしまう反射効果を明示的にかからないように設定していた

iOS7からのフラットデザインにより効果は付与されなくなったため、「-precomposed」は不要になる

Android OSのアイコン選択にも影響があった「-precomposed」が不要になるのは歓迎できる
 

画像遅延読み込み

ファーストビューから外れる画像は初期レンダリング時にロードしないでおく
スクロールなどのユーザーアクションに応じて残りを読み込む
初期レンダリング時のリクエスト数削減に効果大

jQuery Pluginを利用した例

『Lazy Load Plugin for jQuery』
http://www.appelsiini.net/projects/lazyload
http://www.appelsiini.net/projects/lazyload/enabled_timeout.html
 

* jQuery
<script src="[自ドメイン jQuery ファイルパス]/jquery-2.1.1.min.js"></script>

ver.2が利用できます
 

【TOPIC】スマートフォンとSEO

  • SPサイトにおいても基本はPCと同じ、重要なSEO要素はtitle要素、description、keywords、h1、etc...

  • レスポンシブそのもののSEO効果は特別に高くはない

  • レスポンシブにおいてPCとSPが同構造であるためキーワード運用効率は高いと言える

  • PCとSPが同URL構造であることも評価される

  • SPサイトにおけるSEO重要項目は、"スマートフォン適正化サイトが存在すること"
     

検証環境

シミュレーター

iOS : iOSシミュレーター (Mac)

『Xcode』
https://developer.apple.com/jp/xcode/

※ iOSシミュレーターを一発起動
『iWebInspector』
http://www.iwebinspector.com/
 

Android : Genymotion (Win、Mac、Linux)

『Genymotion』
http://www.genymotion.com/
 

Browser

『Chrome Developer Tools』
https://developer.chrome.com/devtools
 

リンクツール

Chrome to Mobile 拡張機能 (Chrome Mobile)

『Chrome to Mobile 拡張機能』
https://support.google.com/chrome/answer/2451559?p=ib_chrome_to_mobile&rd=1
 

Chrome to Phone 拡張機能 (Android)

『Google Chrome to Phone 拡張機能』
https://chrome.google.com/webstore/detail/google-chrome-to-phone-ex/oadboiipflhobonjjffjbfekfjcgkhco
 

フロントエンドパフォーマンス

リソース記述位置

worst case

JS → HTML → CSS

http://test0001.s-ej.com/54/s01.html
http://www.webpagetest.org/result/140911_Y0_6AK/

Start Render遅延
 

bad case

HTML → JS → CSS

http://test0001.s-ej.com/54/s02.html
http://www.webpagetest.org/result/140911_GD_6B1/

FOUC(Flash of Unstyled Content)発症
 

good case

CSS → HTML → JS

http://test0001.s-ej.com/54/s03.html
http://www.webpagetest.org/result/140911_01_6BS/
 

リクエスト数

bad case

10 requests each
style1〜10.css
img1〜10.jpg
script1〜10.js

http://test0001.s-ej.com/54/s11.html
http://www.webpagetest.org/result/140911_M5_74P/

Speed Index遅延
 

good case

concated 1 request each
style.all.css
img.all.jpg
script.all.js

http://test0001.s-ej.com/54/s12.html
http://www.webpagetest.org/result/140911_3M_753/
 

minify、画像最適化

bad case

concated 1 request each
style.all.css
img.all.jpg
script.all.js

http://test0001.s-ej.com/54/s12.html
http://www.webpagetest.org/result/140911_3M_753/

Speed Index遅延
 

good case

concated and minified 1 request each
style.all.min.css
img.all.comp.jpg
script.all.min.js

http://test0001.s-ej.com/54/s13.html
http://www.webpagetest.org/result/140911_84_7F5/
 

コーディングレギュレーション

PC

HTMLテンプレートサンプル

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>[title値]</title>
<meta name="author" content="[コピーライト]">
<meta name="description" content="[ページ概要]">
<meta name="keywords" content="[キーワード],[キーワード],[キーワード]・・・">
<!--ogp-->
<meta property="og:title" content="[ページタイトル]">
<meta property="og:type" content="[ページtype]">
<meta property="og:description" content="[記事の説明]">
<meta property="og:url" content="[ページURL]">
<meta property="og:image" content="[画像URL]">
<meta property="og:site_name" content="[サイトのタイトル]">
<meta property="og:locale" content="[言語]">
<meta property="fb:admins" content="[facebookユーザーID]">
<meta property="fb:app_id" content="[facebookアプリID]">
<!--/ogp-->
<!--twitter card-->
<meta property="twitter:card" content="[カードtype]">
<meta property="twitter:site" content="[サイト名]">
<meta property="twitter:title" content="[ページタイトル]">
<meta property="twitter:description" content="[ページ概要]">
<meta property="twitter:image" content="[画像URL]">
<meta property="twitter:url" content="[ページURL]">
<!--/twitter card-->
<link rel="shortcut icon" href="/icon/favicon.ico">
<link rel="canonical" href="[正規化フルパス URL]">
<!--css-->
<link rel="stylesheet" href="[スタイルシートパス]">
<!--/css-->
<!--ga-->
<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
ga('create', 'UA-xxxxxxxx-x', 'auto');
ga('send', 'pageview');
</script>
<!--/ga-->
</head>
<body>

<p>contents here.</p>

<!--JS-->
<script src="[自ドメイン jQuery ファイルパス]/jquery-1.11.1.min.js"></script>
<script src="[共通 JavaScript]"></script>
<script>
/*[ローカル JavaScript]*/
</script>
<!--/JS-->
</body>
</html>

https://github.com/sekiyaeiji/html_template/blob/master/pc.html

SP

HTMLテンプレートサンプル

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>[title値]</title>
<meta name="author" content="[コピーライト]">
<meta name="description" content="[ページ概要]">
<meta name="keywords" content="[キーワード],[キーワード],[キーワード]・・・">
<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0,maximum-scale=1.0,user-scalable=no">
<meta name="format-detection" content="telephone=no,address=no,email=no">
<!--ogp-->
<meta property="og:title" content="[ページタイトル]">
<meta property="og:type" content="[ページtype]">
<meta property="og:description" content="[記事の説明]">
<meta property="og:url" content="[ページURL]">
<meta property="og:image" content="[画像URL]">
<meta property="og:site_name" content="[サイトのタイトル]">
<meta property="og:locale" content="[言語]">
<meta property="fb:admins" content="[facebookユーザーID]">
<meta property="fb:app_id" content="[facebookアプリID]">
<!--/ogp-->
<!--twitter card-->
<meta property="twitter:card" content="[カードtype]">
<meta property="twitter:site" content="[サイト名]">
<meta property="twitter:title" content="[ページタイトル]">
<meta property="twitter:description" content="[ページ概要]">
<meta property="twitter:image" content="[画像URL]">
<meta property="twitter:url" content="[ページURL]">
<!--/twitter card-->
<!--icon-->
<link rel="apple-touch-icon" sizes="152x152" href="/icon/Icon-76@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="144x144" href="/icon/Icon-72@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="120x120" href="/icon/Icon-60@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="114x114" href="/icon/Icon@2x.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="76x76" href="/icon/Icon-76.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="72x72" href="/icon/Icon-72.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="60x60" href="/icon/Icon-60.png">
<link rel="apple-touch-icon" sizes="57x57" href="/icon/Icon.png">
<link rel="shortcut icon" href="/icon/favicon.ico">
<!--/icon-->
<link rel="canonical" href="[正規化フルパス URL]">
<!--css-->
<link rel="stylesheet" href="[スタイルシートパス]">
<!--/css-->
<!--ga-->
<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
ga('create', 'UA-xxxxxxxx-x', 'auto');
ga('send', 'pageview');
</script>
<!--/ga-->
</head>
<body>

<p>contents here.</p>

<!--JS-->
<script src="[自ドメイン jQuery ファイルパス]/jquery-2.1.1.min.js"></script>
<script src="[共通 JavaScript]"></script>
<script>
/*[ローカル JavaScript]*/
</script>
<!--/JS-->
</body>
</html>

https://github.com/sekiyaeiji/html_template/blob/master/sp.html

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sekiyaeiji
フロントエンドエンジニア
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away